感情を尊重すること

「感情をありのままに思いっきり表現しているから、サンボマスターが好きなんです」

随分前にある人がまっすぐな目で話してくれた、そんな言葉を最近よく思い出します。

夏頃からCMでサンボマスターの曲が使われていたので、そのCMが流れると、「ああ、そうだ」なんて感じです。

「感情を表現する」ということは意外と難しい。

人間には色々な感情があって、そのどれをも水が流れていくようにスムーズに表現していけるかというとそうでもなかったりします。

喜びをスムーズに表現できる人もいれば、なんだか申し訳ないようで微妙な表現しかできなかったり。

怒りを過度に表現する人もいれば、抑え込んでなかったことにしようとしてみたり。

ほどほどが良いとばかりに小さいレンジの感情表現にとどまっていて、なんだか生き生きと感じられなかったりする人もいるかもしれません。

そうやって振り返ってみると、全ての感情を適切に表現できるという人は案外と少ないのではないでしょうか。

感情を見つめることは、自分自身を見つめることにも繋がっていくと思うのです。

そうしていく中で本当に自分が求めるものを見つけ、今まで以上に自分を尊重した生き方が出来るようになってくるのではないでしょうか。

自分の人生のハンドルをどこに向けていくのか、その為のナビゲーションシステムのようなものなのです。

FESが提唱するメタフローラシステムでは、セラピーの最初のステージで自身の感情を扱っていきます。

それは、人が内面の成長を図っていく上で最も根本となる部分でもあるからです。

喜びも悲しみも、怒りや感謝、痛みさえも。

そっと優しく包み込むように、自分のハートの中で慈しんでいけたらと思います。

いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by sweetflowers | 2009-09-24 10:03 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/10260057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< のんびりお散歩 セルフヒールクリーム >>