自分の中にある光

友人が、セントジョンズワートとラングワートのフラワーエッセンスを飲んだ体験をシェアしてくれました。

彼女はここしばらくの間、いくつかのフラワーエッセンスを飲み、自分自身を見つめていくプロセスを進めていました。そしてセージのエッセンスを飲み、自分のハートの中にしっかりとした安定した場所があることに気付いた後、セントジョンズワートとラングワートという二つの組み合わせを試してみることにしたのです。

セントジョンズワートはとても強い光を持った花で、その光で恐怖から私たちを守ってくれる、そんなエネルギーを持ったエッセンスです。

彼女はセントジョンズワートのエッセンスを飲んだ時、その光が自分の奥深くに差し込み、そして「自分の中にこんなにもたくさんの光があったのだ」ということに気付き、涙がびっくりするほど溢れだしてきたのだそうです。

セントジョンズワートのエッセンスは光で守ってくれるだけではなく、私たちが普段見ないようにしている奥深いところに光を届けてくれる、そんな働きも持っているように私は感じています。

それは、その奥深いところに恐怖が潜んでいるからなのだと思います。

その恐怖に光を注ぎ込むことで、闇で見えずにいた光り輝く自分を見つけていけるようにしてくれるのではないでしょうか。

そしてワングワートは体の奥深くにある光を再生する、そんなエッセンスですが、「自分の中にある光を感じられるよう底上げをしてくれたように思う」と友人は話していました。

何かを感じるということはハートで感じていく訳ですが、あまりにもそれが奥深くに沈んでいると感じることも難しい。

そうした奥深くに押し込めてしまったものを、ハートで感じられるところまで押し上げてくれる。

ラングワートにはそんな働きもあるのでしょうね。

控えめに、でも着実に何かを積み重ねていく。
そんな彼女が自分の中にあった光に気付いていくというプロセス。

なんだか良い話だなぁ、と私も嬉しくなっちゃいました。

いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2010-02-01 11:43 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/10724104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 節目の日 レンジ・オブ・ライトのアファメ... >>