自分を優先させていくもの

本当に申し訳ないくらい久々の更新となってしまいました。(ごめんなさい!)
ここしばらく忙しかったり、自分にとって色々感じるものがあったりでなかなかPCに向かえなかったのでした。そして、一昨日、昨日といろんなしがらみを振り切って(大袈裟な!)一人旅に出てしまった私でございました。

今回は以前にもお世話になった作並温泉の「湯づくしの宿 一の坊」さんにまたまたお世話になりました。「一人でのんびり」を叶えてくれる貴重な宿でございます。
そして、行くぞ!と決めたその日から、本当に笑っちゃうくらいに予定の日をめがけて様々な依頼が入ってきて、「行くのを止めようか」と思ったくらい。ひとつ断って日程をずらしてもらって「やれやれ」と思っていると、また新たな依頼がその日に、という具合。それでもどうにかやりくりをして、多少のお願いを周囲の方に依頼して、無事旅立ったその日。本当に心から「自分がここに来ることができた全てのことに感謝しよう」と唐突に感じたのでした。
それは、快く送り出してくれた周囲の方に対しては勿論、ここに来る為に色んなやりくりをした自分や、当然必要となる旅費を得られた現実も含めて様々な要素がその背景に実は潜んでいて、その全てがあってここにいる。そのことに感謝をしたいと思ったのです。

自分のやりたいと感じたことをやるのに、「わがままかな?」と後ろめたさを感じた部分もありました。そう感じている人もいるだろうな、と思う反面、「いいですよ。ゆっくりしてきてください」と快く言ってくださる人もいる。休みを取る、ということだけではなく、本当に様々な面でそれと似たようなことが起こる度「わがままはいけない」と後ろめたさを感じる自分がいるのですが、それでも「何より自分を優先しよう」とつい最近心に決めたのでした。それは、「何よりも自分を優先してくれる存在は自分しかいない」と思ったからなのです。

今回の旅では、引き止める力だけではなく、押し出してくれる見えない力も感じることができました。思い切って一歩を踏み出した後は、周囲や自分も含めた全ての力に心からの感謝を感じていく。そうしたことを繰り返してくことで、自分の中に軽やかさが戻ってくるのではないかしら?そんなことを感じた出来事となりました。
[PR]
by sweetflowers | 2005-06-25 09:13 | 日々のあれこれ
<< 風船が脹らむ直前 自由な感情表現 >>