桜の季節はもう少し

先日友人と中野通りにある桜並木の下を歩いていました。

ここの桜並木は本当に見事で、以前お花見に行った時にはもうずっときょろきょろしてしまったほど。

立派な幹の桜も多く、夜でしたしね、2人して抱きついてみました(笑)

花が咲く前の桜と言うのは独特のエネルギーに満ち溢れているようで、桜色に染める草木染めも開花前の枝を使うのだそうですね。

その日抱きついた木もなんだか不思議とあったかくて、ハートにじんわりと優しいものが満ちてくる。

そんな感覚を味わいました。

さて、桜のパワーはやはりあるらしく、家に帰りつく頃にはなんだかハートが少々切ない感じ。

なんだろう?と思ったら、高校生の頃に欲しいお洋服を両親からダメだしされて買ってもらえなかったことを思い出しました。(しぶとい?)

だって、理不尽な理由だったんだもん。

「背中に文字が入っている服は不良の着る服だから駄目だ」って、そんな理由。もはや何が書いてあったのか覚えてないけど、「USA」とかそんな程度の文字ですよ。間違っても漢字じゃないですよ。良く分からない・・・。

その日はそんな若かりし頃の切ないことを思い出したこともあり、チェリーのエッセンスを飲んでみました。

チェリーのエッセンスは、思春期の頃に受けたトラウマ故に喜びを感じることができずにいるような状態に使っていきます。

お洋服の件はトラウマと言う程の事ではないですが、そうした両親の教育方針が時に自分の好きなものに対する後ろめたさにつながっていたのも確か。いまだに「これは内緒」と思う時があるもの。(いや、そんな変わったものは持ってないにもかかわらず、ですよ)

なんだかそんなことを思い出したこの季節。桜の季節はもう少し、ですね。

いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2010-03-17 22:44 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/10874479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by macoan at 2010-03-17 23:18
こんにちは〜。

高校時代の現代文の教科書に「桜文化」についての
単元!?があったのを思い出しました。
もともとははかない、切ない…云々といったことが書かれていたような。
一年に一回たかだか10日程度のことなのに、
こんなに盛り上がらせる桜の花…。
それ自体がすごいパワーなんでしょうね。
Commented by sweetflowers at 2010-03-18 20:45
macoanちゃん☆

こんにちは^^
桜文化についての授業があったんだぁ、面白いね!

桜って本当に不思議で、これほど「見なくちゃ!」と思わせる花も無いような気がします。

イギリスでは、桜はあるのかなぁ?
<< 思春期のお子さんたちに 新企画のご案内 >>