臆病者は冒険者

何かトラブルが起きた時の反応って、人それぞれ。

「どうしよう!?」って泣きそうになる人や、怖くなっちゃう人。
「もう無理!」って投げ出したくなっちゃう人。
「なんで私だけ?」って被害者モードに入っちゃう人。
「なんでよ!」と怒りモードに入る人。
「やってやろうじゃないの」とむしろパワーが出る人。
それから・・・寝ちゃう、とか動けなくなっちゃう、なんかの逃避モードに入る人。

それはその人の持っているパターンで、だからいけないという訳ではなくて、それとうまく付き合っていく方法を見つけることで人生の可能性が開けていく、と思うのですね。

だから、そうした自分の性質と言うのは実はとっても大切な、そして自分の人生を充実させてくれる「可愛いやつ」でもあるのです。

さて、「タイプレメディ」という言葉があります。
私達は生きていく中で繰り返し目の前に差し出されるテーマがありますが、そうした「人生のレッスン」だったり「人生の目的」だったりに対応するフラワーエッセンスを「タイプレメディ」と言うんですね。

このタイプレメディ。最初から割とはっきりとしている人と、フラワーエッセンスを長く使い続ける中ではっきりしてくる人といたりするんですが、私は後のタイプでした。

その時々で色々なテーマに向き合いながら、自分の根源的なテーマにぶつかった時に、実は「ミムラス」がタイプレメディであったことに気がついたのです。

「ミムラス」は一般的には「日常的な恐れ」に対するフラワーエッセンスと言われています。でも、この日常的な恐れと言うのは裏を返せば日々の生活の中で起こるちょっとしたことにしょっちゅう恐れている訳で、これは結構エネルギーを消耗するものなのです。

「新しい場所に行く」のも気が重かったり、「知らない人に会う」のもドキドキ。「誰かにお願いをする」のも勇気が必要で、「怒られるかも~」とか思うと胃がヒヤッとしたり。大きな物音にもドキドキだし、車のスピードなんて出された日には助手席でひっそりと固まっていますよ、私。

ああ、大変。

その結果どうなるかと言うと、「感じないようにしよう!」と心の中で決めるのです。多分、自分も意識しないくらいにひっそりと、でもしっかりと。

そうすると、私の人生はとても狭いものになっていきます。行動範囲も狭まれば、感情の範囲も狭まって、感覚も鈍くさせて。

そうすれば、感じないし、傷つかない。

でも、人生で味わえるたくさんの可能性もまた狭くなってしまうのです。

だから、面白くないし、自信も持てない。

「ミムラス」のフラワーエッセンスはこうした時に、「人生と言うのは様々な体験をすることで自分の持つ力を味わっていく場所なのだ」ということを思い出させてくれます。と言うことは、ミムラスのフラワーエッセンスを使えば「恐れ」が無くなるということではないのですね。「恐れ」ていることにチャレンジをすることで、自分が本来持っている力の可能性に気がつかせてくれる、そんなフラワーエッセンスなのです。

そんな「ミムラス」をタイプレメディとしている私は、その「恐れ」にとらわれてしまうと「臆病者」となりますが、そこに向き合うことができれば「勇者」であり、そして人生の可能性を探求する「冒険者」でもあるのです。なんかワクワクしてくるでしょう?

タイプレメディを知らなくてもフラワーエッセンスの世界は勿論楽しめるし、知らないからと言って困るわけでもない。
でも、知ることで自分の本質にも気付いていけるんですね。

さて、そんな「人生の定義付け」が変わるタイプレメディ、7月から始まる講座でもご紹介しています。

ご興味がある方は、是非どうぞ。


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

 体験があなたを導く、SweetFlowersのフラワーエッセンス講座
 只今、下記講座受講生を募集中です!

   「フラワーエッセンス入門講座

   「バッチフラワーエッセンス講座


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2011-05-30 12:54 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/13679717
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< どんなにあなたを評価してあげた... 自分の好きなこと、やっていいの... >>