物を持つこと

今日はお友達の虹花さんがラブランドさんで行った「女神のアバンダンスヒーリング」を受けて参りました。あまり良く内容も把握せずに申し込んだ私。「来たーーーーーーー!」という直感をそのまま信じて受けたけど、やっぱり来ていたようです。(笑)
「アバンダンス」は私のテーマの一つだな、と半年ほど前から感じてはいたのですが、それをどう自分の中に取り入れて表現していったらいいのか、という方向性が随分と見えてきたように感じています。

ところで、シルバーアーチのイベントで作成したキャンドルを持っている方から、先日「まだ使ってないんです」というお話を頂きました。(2ヶ月以上経つというのに!)「とっても香りが良くって、手に持つとほっとするんです」と仰っていただき、「ええぇぇ?使ってあげてくださいよぉ」と答えつつ、「なんて幸せなキャンドルなんだろう」と親ばか気分で思ってしまいました。1つ1つ手にとって、キャンドルに託したメッセージを受け取ってもらえているのだろうな、と思うと夜中にめげそうになりながらも(何せ70個程あったので・・・)作業をした甲斐があったなー、としみじみ。職人さんはきっと毎日そんな気持ちで物を生み出していくのだろうなぁ、と感じました。

「物を持つ」ということは「心を込めて扱う」という責任を同時に手にしているのだろうと思います。でも、「物を大切に扱う」というのは、面倒くさがり屋の私にはとっても大変に感じることが多々あります。せめて物を少なくすることで、自分が丁寧に扱える範囲を超えないようにと思いつつ、気が付くと物が溢れていたり。

心を込めて丁寧に扱う。その範囲が広がっていく中で、自分が受け取れる豊かさも広がっていくのではないかしら?

私は今、そんな風に感じています。
[PR]
by sweetflowers | 2005-07-25 00:10 | 日々のあれこれ
<< エジソンの電球 夢の中 >>