部署が異動になってショックなんです

あるOLのクライアントさんから、「部署が異動になってショックなんです」っていうご相談を頂いたんですね。

今までいたところは和気あいあいとしてのんびりした雰囲気の部署だったのに、異動先は同じ会社とは思えないほどみんながバリバリと働いていて、自分はそんなにキャリア志向じゃないし、分からない事聞くにもみんな忙しそうで聞きにくい雰囲気だし、とにかくやっていけるのか不安。

うんうん、成程。
それは確かに不安よね。

そして、ひとつ気になったことがあったので聞いてみました。

それに、いきなり自分だけ異動になったから、部署から「いらない」って言われたような気持ちになったんじゃない?

彼女、大きく頷きました。

そうなんです。
そういう気持ちになっちゃう事ってあるんですよね。

私、会社員時代、2回部署異動しています。
それで、その時上司から言われたことや、その後色々な上の立場の人から聞いたお話があってね。(私、何故か良く色んな人から色んな話を聞いてたんですよねぇ)

ある人を異動させようと思った時。
まぁ、それはいろんな事情があると思うんですけど。
でも、その事情はさておき、明らかに左遷っていうのじゃない限りはこんな理由で人選している筈なんです。

それはね、「この人だったら、他の部署に行ってもちゃんとやってくれるだろう」っていうこと。

急な異動辞令ってすごくショックなこともあるけれど、そんな風に捉えてみるとまた違って見えませんか?
例え「そうじゃない!おかしい!」って思ったとしても、怒りを抱えたまま仕事を続けるよりも、ずっとあなたの可能性を開かせるきっかけとなってくれるんじゃないかしら。

ある日、部署異動が決まった同期の男の子がこんなこと話してくれました。

ずっと技術研究的な部門で仕事をしてきたその人。
これから自分はどうなっていきたいかを考えて、あえて現場で作業する部門に異動することを希望したんだって。

ああ、そうか、そうだよね。
そうやって自分のキャリアを高めていくんだよねって。
そう思ったの。

異動すると、どうしたって新しいことをやらなくちゃいけない。
でも、新しいことに嫌々ながらも対応していくと、意外と私できるんだってことに気がついたりする。
私は自分が希望して異動した訳ではなくて、最初に配属された部署は「2番目に行きたくない部署」で、次に異動になったのが「一番行きたくない部署」(もう、あまり大きな声で言えませんけどね)だったので、本当にショックだったんですけど。
でも、やってみたら、できた。
し、やらなかったら、一生できることを知らないでいたかもしれない。(ちょっと大げさだけど)

だから、そんな風に人生って自分の可能性を開いていけるように刺激してくれてるんだなって思うの。

異動もそうだし、人生に起きる出来事ってみんなそうだなって。

でもそのチャンスを生かしてみようと思うのも、今はいい、とやり過ごしてみるのもどちらもそれはありなんでしょうね。

どちらにせよ、自分で何かを選択して、そして何かを感じる。

そこで何かがその人の中で積み上がっていくことが一番大切なことなのかもしれないしね。




さて、フラワーエッセンスのセッション、名前を「フラワーエッセンス・ソウル・セラピー」に変更しました。
より魂の持つ可能性を開かせていくことにフォーカスしていこうと思って。
日々色んな選択と経験を通してセッションもね、バージョンアップしていきたいなー^^

そんなセッションについてはこちら↓で説明しているよ。

ソウル・エッセンス

いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2011-06-19 14:31 | セッションルームから | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/13825010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 注ぐと注がれる 3Dイルカ >>