インパチェンスの抱えるさみしさ

本日より、バッチフラワーエッセンス講座が始まりました。

第1回目では、バッチ博士が初期に発見した12種類のフラワーエッセンス(12ヒーラーズ)の中から6本をご紹介しています。

その中のひとつ、インパチェンスのフラワーエッセンスは短気で怒りっぽく、せっかちで、自分のペースで仕事をすることを好むタイプに使っていきます。その「待てなく、生き急いでいる感じ」は植物の生態にも現れています。

インパチェンスは春に芽が出るとあっという間に茎をのばし、7月頃には2メートルほどの高さになります。まっすぐに延びた茎はとても男性的で性急さも感じさせますが、その先に咲かせる花はデリケートで受け身な姿をし、とても女性的です。そしてその花の中では咲いている最中から種が作られているのです。

なんともせっかちな花ですよね。

まっすぐに伸びる茎は高みを目指していこうとする姿勢を感じますし、その先に鈴なりに咲かせる花からはたくさんの仕事をこなしていける能力の高さをも併せ持っていることを感じさせます。

けれどもそれ故に周囲にいる人それぞれのペースを見守っていくことができずにいると、苛立ち、その結果として孤立していくと言った事もインパチェンスタイプの方には起こりがちです。それが面倒で一人でできる仕事を好む、といった側面もあります。

さて、ではインパチェンスタイプの人は孤独が好きなのでしょうか?

インパチェンスは群生する植物です。

つまり、一人で仕事をする方が気が楽だと言いつつ決して人といるのは嫌いではない。むしろ好きだったりします。仲間は欲しい、でも自分のペースで仕事ができないと嫌。そこで葛藤と寂しさを感じる、というのがインパチェンスタイプの人が抱える葛藤とも言えるでしょう。

そんな話を講座の中でしていたら、こんな声が聞こえてきました。

「インパチェンスのマイナスの状態だけをきいていると凄く息苦しい感じがしたけれど、実はさみしいんだと思うとちょっと優しい目で見ていけそう」

そうですね。

その人のうちに抱えているものを知ると、優しい目で見ることもできますね。

(でも、あんまりひどいとイライラしちゃいますけどね、やっぱり。)

フラワーエッセンスを植物の形態からも見ていくというのは、そうした人に対する理解も深めていくことなのかもしれませんね。



☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

 体験があなたを導く、SweetFlowersのフラワーエッセンス講座
 只今、下記講座受講生を募集中です!

   「FESフラワーエッセンス基礎講座

   「バッチフラワーエッセンス講座
   ※日曜日クラスは既に開講されましたが、第1回目の振り替え受講が可能です。
    ご希望の方はご相談ください。


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2011-08-14 21:27 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/14347970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 久し振りにね、やってみようと思うの フラワーエッセンス体験談「ダウ... >>