ただそこにあるだけで光を放つ花

無意識に使っているけれど、言葉は時に人の本質を端的に表しているように思います。

例えば、「魂を込める」という言葉があります。

物や行為など、一般的に魂が無いものに心血を注ぎ込む時に使いますよね。では、そこに注ぎ込むものは一体何なんでしょう?

「私」という存在には「魂」があること、そしてその「魂のエッセンス」を注ぎ込むことで何かが変わることを知っているからこその言葉ですよね。

じゃあ、その「魂のエッセンス」とは何なんでしょう。


先日、久し振りにバターカップのフラワーエッセンスを使いました。

バターカップは自己の価値を受け入れていけるように促していき、自身の中にある輝きを外側に溢れさせていくことをサポートしてくれるラワーエッセンスですが、久し振りに使ってみてその輝きというのは決して個人の持つ輝きだけではないのではなかろうか、と思いました。

私達は、無意識のさらに奥深いところで繋がっている存在だといわれています。普段自分が意識している「私」という範囲で輝くというのもまたとても素敵な輝きだと思うのですが、「私」という枠を取り払ってそのもっと奥にある、「私」も「あなた」もない世界をも含めて輝こうとするとき、それはとてつもない輝きを放つのではないかと思ったのです。

1個のライトで輝くのが「私」という範囲で輝くことなら、たくさんのライトがある中でその全ての輝きを集めて「それが私の役割」と考えてありったけの力で輝くのが「私」も「あなた」もない世界を含めた輝き、というイメージでしょうか。

というのも、バターカップの花が放つ光の強さはとても強くて、自分ひとりの力だけでそれだけの輝きを放っているとは思えなかったからなのです。

d0018315_1824838.jpg


5cm程の小さな花ですが、カリフォルニアの輝く太陽のもとでその光を反射するくらいに輝く花。そしてそれが群生している姿はたくさんの光に溢れていて、一人一人がその個性を育みありったけの輝きを放つ世界はきっとこんな風なんだろう、としばらく見とれてしまいました。

自分の中から溢れるものだけで輝くのか、自分以外のたくさんのものからサポートを受けて輝いているのか。そんなことを意識するだけで、でも違いはきっと大きいんじゃないでしょうか。

ところで最初の「魂を込める」という言葉のお話しですが、この言葉は「魂」というのは大切なものだと分かっているからこその言葉だと思うのです。何よりも大切なものだから、大切なものに込めようとするのだと思います。価値があると分かっているから、それを込めると価値あるものとなるのだと思います。

でも、そこに込める魂は何かをしてくれる訳ではありません。役に立つのでもなければ、愛してくれる訳でもない。笑うでもなく、磨きあげるものでもない。ただそこにあるだけのもの。ただそこに「魂」があるだけで価値あるものとなる、ということは本来私達一人一人はそうした存在であるということの証明ではないかとも思うのです。

ただそこにあるだけで価値ある魂が放つ光が自分の中にあるということ、そしてその光を私はどれだけためらいなく放つことができるだろう?

そんなことをふと思いました。




☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

 体験があなたを導く、SweetFlowersのフラワーエッセンス講座
 只今、下記講座受講生を募集中です!

   「フラワーエッセンス・プレ講座

   「FESフラワーエッセンス基礎講座

   「バッチフラワーエッセンス講座



☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2011-11-13 18:50 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/14935454
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 思考の役割 ほわっと夢を叶えてみませんか? >>