それはきっと自分の為になる、と信頼して受け取っていくこと

自分が思っている「私ってこういう人だ」というセルフイメージと、他人から見た「あなたってこんな人」というイメージが違っている。

こういうことって、意外とよくあるように思います。

というのも、先日ふとこんなことを思い出したのです。

それは中学2年生の時の話です。

私達のクラスの担任となったのは、その年の3月に大学を卒業したばかりの女性の先生でした。

今思うと、中学2年生って結構難しい年齢なんじゃないでしょうか。自立心と反抗心、変わっていく体と向き合い始める心。中学1年生とは違う存在がそこにいるように思います。

そんな中、新卒でありながら結構先生は頑張った・・・・と思うのですが、あまりにも反抗的な教え子たちとの関係は相当なストレスだったのでしょう。夏休みを目前にして遂に倒れる、なんてことも起こったりしました。

私自身は表だって反抗した訳ではありません。

でも、一度反抗的な気持ちとなったことがありました。

学校では色々な委員がありますが、何故か私は先生から「放送委員になってみない?」と言われたのです。

放送委員になると、お昼休みに放送室に入ってアナウンスしたりするんですよね。音楽かけたりとか。

今でこそ結構おしゃべりな私ですが、その当時は引っ込み思案と人見知りモード全開でいたのでそんな全校に自分の声が流れるなんて冗談じゃなかったし、それにクラスで一人だけ給食を持って放送室に行く、なんて人とは違った行動をするのも嫌だったんです。

「小松さんならきっと向いてると思うわ」とその先生は言ったんですが、「よく私のことを知りもしないのに、どうしてそんなこと分かるの?」なんてことを思ったんです、私・・・・。いや、あの思春期に入っていくどうしようもなく自意識過剰で面倒くさい感じが我ながら「ごめんなさい」という感じではありますが、でも反抗するほど気も強くなく、ほんとうに嫌々放送委員をやりました。

これ書きながら、給食持って渡り廊下の2階を下を向いて歩いていく自分の姿を思い出しました。ああ・・・・。

なんだってこんなこと思い出したのかというと、先生に勧められた放送委員をもし積極的に、とまではいかないまでももう少し前向きに取り組んでいたら、私はいったいどんな可能性を開かせていたのだろう?と思ったからなのです。

新人とはいえ先生も大人で、私を見ていて何かしら感じるものがあったのだと思うのです。

それを素直に受け取ることができたら、私は「ふてくされて、後ろ向きに取り組んだ時間」の代わりに何かを受け取ることがきっとできたんだろうな。

そして、もし素直に「はい」と言えたなら、あの時先生の残念そうな顔を見なくても良かったんだな。

そんなこと、ちょっと思いました。

そう、頑なな態度で与えられたプレゼントを拒否したのは、私、だったのです。

人生の中で与えられるプレゼントは、いつも自分が思っている形で与えられる訳ではなくて。

むしろ思ってもいない形の方が多いのかもしれません。

それを受け取るには、それはきっと自分の為になる、と信頼して受け取っていくことが大切なんでしょうね。


さて、「信頼する」というところでひとつフラワーエッセンスをご紹介します。「ベビーブルーアイズ」のフラワーエッセンスです。ベビーブルーアイズは父親との関係性を癒す代表的なフラワーエッセンスですが、人というのは父親という存在を通して社会を、ひいてはこの世界と自分との関係を見出していきます。父親との関係性の中で信頼感と守られているという安心感を育むことができないと、社会を信頼できるものとして見ることができず、時に態度が頑なとなり、世の中を批判的な目で見るようになります。

また、信頼ができないために流れに任せることができず、自分の力でどうにかしようともがく状態に陥ることもあります。

最近の世の中を見ていると健全な父性というものが機能していないのではないか、と感じることも多いですし、
そういう意味ではもっとたくさんの人に使ってもらっても良いフラワーエッセンスなのかもしれませんね。


そんな嫌々放送委員をした私ですが、大人になった今、経験のないことをやってみたら面白いかも?と思うことがありました。まだ形になってはいませんが、あの時の自分と一緒にチャレンジできたらいいんじゃないかな?って思ってます。

うん、楽しみです^^


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2012-02-12 15:20 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/15419668
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< フラワーエッセンス・メールセッ... 冬のお肌のケアに >>