時を信頼するということ

次回書きまーす!とか言いつつ、次のブログでお茶会のお知らせを書いてしまいましたが、前々回のブログの続きです。

私自身に使用したフラワーエッセンスですが、実はインパチェンスなのです。

介護とかね、確かに体力使うし、病院に通ったりすると人によってはとっても疲れたりするだろうとは思うんですが、そのあたりは私自身は結構大丈夫だったんです。

体がもともと丈夫なのと、重箱の隅をつつくように(言葉の使い方が間違っている気がするけど)面白ネタを見つけて一人で大ウケしていたりするような人なので、精神的ストレスにも結構強いのです。多分これは仕事を長年続けてきた中で身に付けた技でもあるんだとは思うんだけど・・・・。

とは言え、ストレスをまったく感じなかったかと言えばそんなことはなく、やはり一番焦りとなったのは回復状況なのです。

最初の1、2か月は色んな事が同時進行で起きるのでそれに対応するので精いっぱいだけど、時間が経つにつれ気になってくるんですね。

どこどこの誰それさんはこういう状況で倒れて、でそのあとこうなった、とかそんな情報が入ってきたりもしてね。気になるんですよ、「ああ、いつになったら元に戻るんだろう?他の人は今くらいの時期にはこういうことができるようになっていたのに。それともこのままなのかな?」ってね。

だけどね、時間を重ねる中で気付いたんです。

「理想とする状態だけを見るのではなくて、今の状態も見つめていこう」って。

「こうなって欲しい」という欲求は正直に言えばあって、けれどもその状態と今の状態はあまりにもギャップがある。

こういうことって、人生の中では色んな場面で起こってくると思うんです。

そして、そうなっていない今を見ては手に入らない苦しさに襲われてしまう。

けれども、もう一度今を見つめて、そしてそれまでの道のりを見つめてみると、僅かながらでもそこには変化があるのですね。

「1か月前まではこれはできなかったな」というものが、今はできるようになっている。

そしてそのことに気付くと、それは単にできたできないの話ではなくて、そこに至るまでに笑ったり泣いたり、工夫したり頑張ったり。そんな体験の重みもくっついてくる。

変わらないのではなくて、変わらない中で変わっていくための何かを積み重ねている。

それはそれで良いのであって、必要なだけ積み重ねたら、それもまた良しと言える何かが起きてくる。

空っぽのコップに水を一滴一滴と垂らしていくと、コップが満たされて、やがて水が溢れていくように、必要なプロセスが一滴一滴と私たちの中に注がれていっている。

それがいつ満たされるのかは分からないけれど、でも必ず必要な時に必要なだけ溢れるようになっている。

そんなことを、インパチェンスのフラワーエッセンスは私に教えてくれました。

そしてこの体験は、私が今の仕事をしていく上でとても大切な体験となりました。

クライアントの中にある癒しの力が目覚めていく瞬間は、私自身がコントロールできるものではありません。

ただその力があることを信じて、その適切な時がくることを信頼し続けていく。

そのことが、時に「癒さなければ」と不必要にまで感じるプレッシャーから私自身を解き放ってくれるのです。

そうですね、これもきっと父との体験の中で私が貰った大切な「重み」なのかもしれません。

さて、あなたは今、何か焦っているものはあるでしょうか?

あるいは、焦って何かを成し遂げようとしていますか?

誰かに焦って何かをしようとしていませんか?

時間というのは、この世界で生きている私たちの味方でもあると思うのです。それを信頼していくと、時間に縛られずに今を体験していく、そんなことがきっとできるようになるんじゃないかしら^^





☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

時間を味方に、自分自身を開花させていくセラピー。
コツコツセラピー

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2012-12-22 15:15 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/17484054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< お茶会終了しました! お茶会に関するお知らせ >>