過食とフラワーエッセンス

お問い合わせが多いので、過食に関するフラワーエッセンスをご紹介します。

過食のケースの場合、よく使っていくのがマリポサリリーのフラワーエッセンスです。

マリポサリリーは母性をテーマとするフラワーエッセンスですが、過食などの摂食障害の場合、母親との関係性にテーマを持たれている方が多いんですね。

ただ、マリポサリリーの説明をすると「母親とのことは長い間向き合ってきて、随分解消できている筈なのですが・・・」とか「特に母とは問題は無いと思っているんですが・・・」と言った反応を示される方も経験上多いです。

この点については、実際のお母様との関係とは別に、ご自身の中でとても満たされた感覚があるかないか、また理想的ななんでも自分を受け入れてくれるお母さんがいたとして、そんなお母さんに見守られている感じがするかどうか?そんなところを切り口にお話を伺ったりします。

私のところにいらっしゃる方では、割と良い子で育ってきたけれど、逆に自分の欲求をあまり表に出さずに生きてきた方が多かったりします。普通に両親に対して感謝の気持ちも持っているし、それなりに幸せな人生だったり、あるいは大変な出来事があっても自分なりにその問題と「上手に」向き合ってきてそれなりにこなしてきていたりいます。

ですから、一見問題がないように見えます。

けれども、心の奥底に「何か満たされない」「何かピンとこない」「なんだか面白みがない」、そんなことを感じていたりするのです。

それは、他人の欲求を満たすことを優先して、自分の欲求を後回しにし続けた結果、慢性的に満たされない感覚になってしまっているんですね。

しかも、他人のために尽くして自分が満たされないので、何か報われない気持ちを抱えていたり、密かな怒りを抱えていたりします。表面上は人当たりが良かったりするんですが、何かちょっとしたことで怒ったりキレたりする。(「あ!うちの会社のお局様!」なんて声も聞こえてきそうです(苦笑))

そして、そんな自分が嫌で、「やっぱりネガティブな感情はあまり出さないようにしよう」として、負のスパイラルに入っていったりします。

これは、子供時代にどれだけ自分の感情や欲求を表現できる環境であったか、がカギとなるので(前回書いたブログと重なりますが)、ご両親の前で子供の自分はどんな風だったか、また生まれた前後の家庭の状況などを伺って必要なフラワーエッセンスを選んでいきます。

代表的なのは、最初に書いたマリポサリリーですが、お母様との関係性がとても親密な場合にはイブニングプリムローズを加えたりもします。

これらのフラワーエッセンスは、食べても満たされないといった過食傾向、逆に食事がのどを通らないといった拒食傾向にも使っていきます。また、お腹がすくと体中が冷えてしまうといった方にもおススメです。

その他以前ご紹介したミルクウィードなど、その方の状況に応じていくつかのフラワーエッセンスを組み合わせていくこともあります。

過食など摂食障害に関するフラワーエッセンスを簡単にご紹介しましたが、フラワーエッセンスはあくまでセルフケアの範囲です。お医者様の治療に代わるものではありませんので、お医者様と相談しながら上手に使っていって頂ければと思います。




☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

ゆっくりと確実に変化する私、を体験できます。
コツコツセラピー

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2013-01-07 10:01 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/17577916
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by eithbed at 2016-11-19 04:02
わー、、素敵なブログですね。これからもお邪魔させて下さい。
<< 婦人科系:フラワーエッセンス・... 婚活にフラワーエッセンスは使え... >>