テクニックを超えていくもの

前回のブログで、ミムラスのタイプレメディの話を書きましたが、以前私と同じミムラスタイプの方と「ミムラス談義(笑)」になって、ミムラスあるある話で盛り上がったことがありました。

余談ですが、フラワーエッセンスに関係している方とお話していると、結構あるのが人をエッセンスに例えてお話しすること。「あの人って、あのエッセンスのタイプだよね~」的な感じで、業界用語みたいになっていることがあって、それで「そうそう、分かる~」って盛り上がるって、不思議な会話かもしれません。

で、その時、お互いミムラスタイプだと自覚はあるものの、表面に現れる行動が違うのが面白いなぁ、と思いました。

凄く行動的な人と、ものすごく考えてなかなか動かない人といるとしますよね?

普通に見たらタイプが違う2人なんですけど、その行動の元になっている心理状態は実は同じって分かりますか?

何か新しいことをするときに不安を感じて、尻込みしたくなる。

その時、実際にそれをしたことがある人に話を聞きに行ったり、現地を見に行っていたり、なんか不安を解消できそうなことをとりあえずやることで恐れを軽くしようとする人。これが、行動的に見えるタイプ。

不安を消すために、色んな事調べて色んなパターンを検証して、で考えて考えて恐れを軽くしようとする人。これが、なかなか動かないように見えるタイプ。

つまり、表面に出ている行動は真逆でも、その根底にある心理は「新しいことに対する恐れ」なのでミムラスを使っていくんですね。

フラワーエッセンスを使っていく時は表面に出ている症状に目を向けるのではなく、常にその奥にどんな心理状態があるのかに目を向けていきます。

なので、フラワーエッセンスを選ぶという時に相手に対して心を開いて共感していくのと同時に、一歩離れた視点で観察をしていくという2つの要素をバランスよく使っていくことが大切だと私自身は思っています。

とは言え、根底にあるのは「相手のためにベストを尽くす」という姿勢だと思うし、その為にその時間相手に集中することでひらめきのようなものが起きてくるし、いわゆる選ぶためのテクニックを超えていくものがそこには常にあるなぁ、と感じています。

正直言うと、後で振り返った時に「あの時、このエッセンスを選んだほうが良かったかも?」と思うことはあります。でも、あの時、あのクライアントさんと一緒に作り上げた時間の中で選ばれたものが、あの瞬間のベストな選択だったんだなぁ、と気付かされることもあります。

その為にプラクティショナー側が大切にしたいことはなんだろう?と考えると、恐れることなくハートを開き続け、信頼し続けることなんだろうなぁ・・・。

まぁ、難しいこともありますけどね(^_^;)





☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

セッションを受けられたい方は、こちら↓をどうぞ。
SweetFlowersのセッションメニュー

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2013-03-29 10:45 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/18439622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< お知らせを2つほど それを限界ととる人もいるけれど... >>