やろうとしても、ついずるずる先延ばしにしてしまう

意志の働きをサポートするフラワーエッセンスについて、もう少し。

頭では分かっているけれど、動けない。
やろうと分かっていることを先延ばしにする。
ずるずるとした挙句、時には無気力ともいえる状態へと陥ってしまう。

この状況のベースには「恐れ」があります。

そこを無視して、「え~い、働けぇぇぇぇぇ!!!!」とやっても、仮に一時的に動けたとしてもどこかでショートしてしまうでしょう。「今まではなんとかできていたのに」という時は、もう無理がきかない時なんだと思います。

こういう状態の時に「あなたは甘い!」とか「やる気ないだけでしょ?」とか言われたら、もうどうにもならない。ますます動けなくなっていくし、もしかすると「理解されない」という孤独感も併せ持ってしまうかもしれません。

ただ「やる気ないでしょ?」とか言われる時には、ある意味(相手がそう思っているかは別として)ご自身の中にやれるだけの能力が既にあると言っても差し支えないと思います。自分の中に(それはご自身が全く意識できない部分だとしても)それがあるからこそ、そうした言葉と直面する現実が起きてきたりもするので。

なので、ご自身の中に「なんだか良くは分からないけれど、能力はあるらしい」位の事は信じてもいいと私は思います。

とは言え、動けなくなるくらいの恐れがあるわけですから、その恐れとまずは向き合っていく必要があります。

恐れと向き合って解消していく方法は色々ありますからご自身が良さそうだと思う方法を使っていくのも良いと思いますし、信頼できるカウンセラーやセラピストに相談するのもいいと思います。

私が今までセッションで対応したケースでは、幼児期からずっと生存にかかわるような出来事が続き、ご本人の中に大きな恐れがあってやろうとしても動けない、といったケースがありました。恐れと向き合おうとすると体が固まるような感覚を味わったり、思考停止になるような状況になっていて、この方の場合には数回目のセッションでタンジーを使いました。同時に安心感や安全性をその方の中に定着させていく過程を通して、意志が再び働きだしたように思います。

「次のセッションに行くまではなんとか頑張ろう!と思って来ました。」

よくそんなことを仰っていたように記憶しています。辛いことがあっても、セッションに行って自分の体験を聞いてもらう。そのことを拠り所として乗り切るしかない。そんな状況だったんだろうなと、思います。

こうしたプロセスにあるときには、「ただ受け止めてもらう場所」も必要かもしれないですね。

2回に分けて意志に関する記事を書きましたが、意志には実は自分の意志以外にもうひとつの領域があるのです。この当たりの話は、またタイミングが来たときにでも書いていきたいと思います。



☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

セッションの詳細、お申込みはこちら↓
SweetFlowersのセッションメニュー

12月の人気記事TOP5です☆
1.過食とフラワーエッセンス
2.婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
3.思い込みがガラガラ外れる、たったひとつの「まほうの問いかけ」
4.お客様の声~無料一斉遠隔ヒーリング~
5.成功しかない世界

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2015-01-12 07:52 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/21468033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< メタフローラ・マップについて 強さは意志の一つの側面でしかない >>