心と体の関係性に気付いた方のケース(その2)

前回の記事はこちら→心と体の関係性に気付いた方のケース(その1)

「うつ」だと自分が思っていた状態になるのは、体が疲れているときだと気付いたSさん。2回目のセッションではその「体の疲れ」に対してさらに深くアプローチすることに決めました。

人疲れすることや、顔が青白く目の下に線状のものができていることで疲れて見える点を考慮して、人ごみの中で他人からネガティブな影響を受けにくくなるようにヤローとガーリックを、またうつ状態に対して心が軽くなるようにボラージュを組み合わせました。

次のセッションにいらしたSさんは、まず印象が変わっていました。クッキリとした感じになっているのです。ご自身の中で少しずつ何かが定まってきているようです。そして青白かった顔色にも赤味が戻ってきていました。エネルギーもうまく回り始めているようです。

この期間、Sさんは一時的に止めていたヨガを再開させます。その中で自分の体の調子が良いとき、逆に自分の体から魂が離れているとき(とりわけ何かに熱中しているときにそれが顕著になっていました)などが分かるようになってきたそうです。

そこで、3回目のセッションでは体と魂のつながりをテーマに次のフラワーエッセンスを組み合わせることにしました。

体と魂のアンバラスさに対してマンザニータ、熱中して燃え尽きやすい性質にアロエヴェラ、体から抜けやすく末端冷え性の症状に対してローズマリー、ストレスが胃にきやすくまた自分の体をきれいに保ちたいという欲求があることと、体のために取り入れていたマクロビ食ですがSさんの場合には鋭くなりすぎてしまうところがあり、むしろ少し肉を食べるとおおらかになれて良いと感じていることからカリフォルニアピッチャープラント、すべてのエッセンスをまとめる役割とグラウンディング、体にエネルギーを流していけるようにコーンの5種類を選びました。

これらのエッセンスを使った当初は、毎日眠く、やる気がなくなる状態が一時的に出ていたようです。それが過ぎると、ご自身の内面が穏やかで地に足がついたと感じるようになりました。

また、怖い夢や気持ちの悪い夢をみる時期を経て、徐々に自分を受け入れて現実を生きるようになりたいとSさんは考えるようになります。

そうした中で、Sさんは気持ちの整理をつけ、うつのそもそもの原因だと感じていた子供時代の出来事に向き合っていこうと思うようになってきたのです。

そこで、4回目のセッションでは子供時代の出来事にフォーカスしていくことに決まりました。

つづく


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

「私も可能性の扉を開きたい!」
そう思った方は、こちら↓のセッションをどうぞ☆
SweetFlowersのセッションメニュー

1月の人気記事TOP5です☆
1.生まれてきた目的に気付いていく~ワイルドオート~
2.婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
3.過食とフラワーエッセンス
4.家族の流れに区切りをつける
5.やろうとしても、ついずるずる先延ばしにしてしまう

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2015-02-08 10:38 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/21540377
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 心と体の関係性に気付いた方のケ... 心と体の関係性に気付いた方のケ... >>