希望が持てないときに

本日2月19日は、二十四節気の雨水(うすい)の日。

空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という意味で「雨水」。

草木が芽生える頃で、昔から農耕の準備を始める目安とされてきたそうです。春一番が吹くのもこの頃だそうで、季節は少しづつ春へと向かってきているというところでしょうか。

地方によって異なるようですが、この日に雛人形を飾ると良縁に恵まれるといわれているそうです。

さて、雪解けを迎えるこの季節、花たちもまた咲き始め、新しい生命の息吹を感じる季節でもあります。

そんな新たなサイクルを感じさせるフラワーエッセンスを、何回かに分けてご紹介していきましょう。

一面に鮮やかな黄色い花が咲き誇るゴースの写真にとにかく惹かれて、ゴースのフラワーエッセンスを手にした方がいらっしゃいました。仮にKさんとしましょう。

ゴースは和名をハリエニシダといい、1m~2mほどの高さの低灌木です。甘い香りとは対照的な緑色の鋭い棘を枝に持ち、丸まった葉もまた棘のようになっています。早春のまだ雪が残る季節に、その目を覚ますような鮮やかな黄色い花はまた、寒い冬の季節が終わりを告げ新たな生命サイクルが始まる喜びを私たちの内側にも呼び起こしてくれます。

そんなゴースの姿と、長く続く体調不良を抱えたKさんの内側で何か響きあうものがあったのかもしれません。

Kさんの日常には、希望が持てない感覚がじっと横たわっていました。

低いところからいったいどうやって持ち上げていけるのか、持ち上げようにも持ち上げる力さえも湧いてこない。

絶望していたり、可能性が信じられずにあきらめている、それがゴースが必要な状態です。けれどKさんがゴースを選んだ時の様子は、あきらめと同時にゴースの花のように燃え上がるものがそれでもご自身の内側に残っていることを感じさせました。

さて、一月後。

ゴースは、Kさんの奥深くに染み入るように働いていました。

外見的には顔色が明るくなりましたし、表情も明るくなっていました。ベースにあっただるさのようなものが、すっきりと軽くなっているようです。

精神的にもやる気が生まれて積極性が増し、それが自信につながっているのか声も大きく、張りが出ていました。

そして体調に関しても自分が良いと思える漢方医と出会うことができ、以前よりもずっと快適な状態が続いているようでした。

ゴースが持つ香りや棘は、私たちの体感覚を刺激します。刺激を受けた私たちは、そのことによって「生」というものをリアルに感じることができるのです。

ゴースのエッセンスは、Kさんの中で重く沈みマヒしていたものを刺激し、再びリアルな感覚で生きていくことを助けてくれました。

リアルな感覚で生きていくということは、現実的な対処ができるということでもあります。そして希望が持てるということは、その力が自分の中にあることを知っているからだと思うのです。

Kさんが体調を回復させる方法に出会えたというのも、その力がしっかりと働き始めたからかもしれないですね。

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

「私も可能性の扉を開きたい!」
そう思った方は、こちら↓のセッションをどうぞ☆


1月の人気記事TOP5です☆
1.生まれてきた目的に気付いていく~ワイルドオート~
2.婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
3.過食とフラワーエッセンス
4.家族の流れに区切りをつける
5.やろうとしても、ついずるずる先延ばしにしてしまう

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2015-02-19 19:34 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/21570820
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< テーマは、「JOY」 情報に対するストレスに >>