フラワーエッセンスを勉強したい方に

知人のKさんについて、先日なるほどなぁと思ったことがあります。

Kさんは細やかなことに気がつくタイプで、文句言いながらも面倒を見てくれるような方なんですね。でもって、仕事が速いと言いますか、ちゃっちゃっとやってしまうタイプです。

ときに「それはせっかちすぎるのでは」と思うときもありますが、日常の細々としたことをテキパキ片付けていくので、私から見るとさすがだなぁという感じです。

さてそのせっかちなところですが、せっかちと言えばよく使われるのがインパチェンスのフラワーエッセンス。思考が先の先まで働いていって、周囲の人や物事がそれについていけないとイライラしてしまう。そんなときに神経を静めて落ち着かせてくれるエッセンスですが、Kさんは時にこのインパチェンスのマイナスの状態となるときがあります。

何か改善したいことが出てきて周囲の人に提案をするようなときに、落ち着いて周囲の人が分かるように丁寧に説明をすると言うよりは、話しているうちに自分の頭の中でどんどん考えが進んでいっちゃうんですね。途中まで説明していてもいきなり「ああ、でもそれじゃできないわね、もういいか」と言われたりして、相手が話についていけてない、なんてこともあるわけなんです。そして、相手が理解してくれないことにイライラしてしまったりして。

ある日、Kさんから今度職場の環境が変わるに伴ってやらなくちゃいけないあれやこれやの話を、聞いてたんですね。こう言うのって最初から全部きちんと決まっていると言うよりは、やりながら色んなことが決まっていったりするじゃないですか。でもKさんにしてみたら、それじゃ落ち着かない。とにかくせかせかと動き回って、何とか自分の納得いく情報を得ようとしているのにちっとも得られない。ということで、少しばかりイライラしていたわけなんです。

追々決まっていくことなんだし、そんな今すぐ結論を出さなくても、とか思いながらその時は「そうなんだぁ」と話を聞いてたんです。それでしばらくしてまたあったときに、Kさんこう言ったんですね。

「取りあえず自分がやることは分かったから、安心した。全部見えてないと不安で」

そうか!Kさんは不安だったんだ!

これ、目から鱗で「そうか、不安だったからあんなに駆り立てられるように行動するんだ。安心したいから自分の理解できる範囲に収めたいんだ!」と思って、せっかちさのベースにあるものが何か、ひとつ気づかされたように思いました。

こうしたことに気付くと、これから例えばKさんのような状態の人にセッションをするとしたら、確実に今までよりも広い視点でその方を見ることになると思うんですね。そして選ぶエッセンスもまた、それまでとは変わってくる訳なんです。

こんな風に日常の中にある一つ一つのことを地道に積み重ねていって、それがお客様を前にしたときに確実に役立っていくんですよね。

「フラワーエッセンスを勉強したい」という方に、私が必ず伝えるのが「エッセンスに関する勉強だけではなく、日常の生活も大切にして下さい」ということです。

それは、こんな理由からでもあるんです。

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

1,000名モニターセッション募集中!!

4/26(日)開催!受講生募集中
フラワーエッセンス入門講座

「私も可能性の扉を開きたい!」
そう思った方は、こちら↓のセッションをどうぞ☆
SweetFlowersのセッションメニュー


2月の人気記事TOP10です☆
1.婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
2.過食とフラワーエッセンス
3.生まれてきた目的に気付いていく~ワイルドオート~
4. 恋愛レメディ!?
5.家族の流れに区切りをつける
6. 愛する条件
7. カリフォルニアピッチャープラントを使ったら
8. 好きなことが分からない
9. たかがお洋服とは言えないないんだから
10. 心と体の関係性に気付いた方のケース(その3)

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2015-04-02 20:07 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/21678879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< やることを 変えようとするのではなく >>