深い悲しみがハートの奥に入り込んでいると

季節柄でしょうか、最近肺や呼吸にトラブルを抱えている方が周囲に増えています。

身体症状がでている場合、フラワーエッセンスとしてのアプローチはあくまでもその人の内面で感情や思考のアンバランスさの表現の一つとしてそうした症状がでていると考えますので、こうした症状にはこれ、というような対症療法的な見方はしません。実際にその問題にフォーカスしていたわけではないのに結果的に喘息の症状が見られなくなったということもあって、その人の内面でどのように働きかけていくのか、最初から全てが見えるわけではないのです。

ただこうした症状の方にはこのエッセンスがよく使われる、といったものはありますので、ご自身にエッセンスを使う際のひとつのヒントにはなりますね。

喘息など呼吸に関する症状によく使われるのが、イエルバサンタ。非常に深い悲しみがハートの奥深くに入り込んでいる場合、エネルギーが凝固し、呼吸器系の疾患として現れることがあります。イエルバサンタは、そうした解放され切れていない感情を排出させるとてもパワフルなエッセンスです。

感情が排出されるとき、呼吸が楽になったと感じる人がいる一方で、逆に咳が止まらなくなる方もいらっしゃいます。そうした好転反応が強く出ることもあるエッセンスなので、私自身がセッションで使う際にもクライアントの状況を見た上で出していくようにしています。

また、クライアントとコミュニケーションをしっかりととって、万が一の時にクライアントが孤独を感じないようにも意識します。(これはイエルバサンタだけではないですが)プラクティショナーとのセッションを受けられていない場合は何か症状が出たときになかなか相談するところがなかったりしますが、一時的に取るのを止めて様子を見るなど無理をしない使い方をお勧めします。

癒しの道のりは速ければ速いほど良い、インパクトがあるほど良いとうものではないですし、フラワーエッセンスはある程度癒しの速度を自分の意志でコントロールできるところが良いところでもあるので、あまり焦らずに一歩一歩でも進めればいい、という気持ちで使ってみて下さい。

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

4/26(日)開催!受講生募集中
フラワーエッセンス入門講座

「私も可能性の扉を開きたい!」
そう思った方は、こちら↓のセッションをどうぞ☆
SweetFlowersのセッションメニュー


3月の人気記事TOP10です☆
1.生まれてきた目的に気付いていく~ワイルドオート~
2.人から批判されたときに、どんな反応をしますか?
3.婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
4. 「行動しない」ことで自分に送るメッセージ
5.過食とフラワーエッセンス
6. コントロールとアドヴァイスの違い
7. 部署が異動になってショックなんです
8. 恋愛レメディ!?
9. 天のしずく~辰巳芳子”いのちのスープ”
10. 日だまりのようなコミュニケーションを助けてくれるフラワーエッセンス

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2015-04-09 18:10 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/21697395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 人と人との関係性を感じる場所は お留守番になると吐いてしまう犬には >>