本当の気持ちに寄り添っていく

何回目かのセッションで、気持ちの落ち込みを感じている方がいらっしゃいました。

本人は「うつのような感じだ。」と話されていて、エッセンスもそうした気持ちの落ち込みに対応するものを選んでいきました。

私は対面セッションの時には、最後に選んだエッセンス花の写真を使って最終チェックを行っていきます。不思議とその人の前に花の写真を並べると、「あれ?なんかしっくりしないな」とか「あ、この人にはやっぱりこれがぴったりだ」というのが見えてくるのです。

そのときはうつ状態の時によく使われるセントジョンズワートを選んだんですが、ご本人から「なんだか眩しすぎて辛い」と言われたんですね。

言われてみると、セントジョンズワートの眩いまでの黄色と、光のような花の姿から醸し出されるものは、ドロッとした暗さを心の内に抱えていたその時の状態には確かにマッチしないなと思いました。

それで、この暗さはどこからくるのだろう?と自分の中に問いかけたときに、ホリーのエッセンスが思い浮かびました。

ホリーは嫉妬や妬み、人に対する不信感など、愛とは対局にある感情に働きかけ、人に対する愛を取り戻していけるようにしてくれます。

その方は丁度パートナーとの関係性について深い悩みを抱えていたので、そうしたハートの重さを「うつ」という言葉で表現されていたんですね。

ホリーの葉っぱは艶々としていますが、その艶のある葉っぱに日の光が反射していくようにその方の心の奥深くに光が射し込んでいくような、そんな働きをホリーのエッセンスはしてくれたようです。

程なくしてその方はパートナーに対する気持ちを再確認し、軽やかさを取り戻されました。

その人がどんな言葉で自分の状態を表現するかは、本当に様々です。

自分の思いこみでその言葉を捉えることの無いように、丁寧に寄り添っていくことが大切だなぁと改めて感じた出来事でした。

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

7/24(金)、8/2(日)開催
「はじめてのフラワーエッセンス講座」

SweetFlowersのセッションメニュー


6月の人気記事TOP10です☆
1.婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
2.過食とフラワーエッセンス
3. 恋愛レメディ!?
4. 感情をおさえることで体に出る症状
5. 幸せにつながらない苦行に陥る人
6. 落ち込みに理解の光を灯す
7. プラクティショナーは媒体
8. 松岡修造さんの記事を見て
9. お客様の声~フラワーエッセンス・メールセッション~
10. 人生を花開かせていく力


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2015-07-07 18:40 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/21932472
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 余裕があると伸びしろが生まれる 勉強に集中できるエッセンスって... >>