フラワーエッセンスを使って望まない結果になるとき

随分前に書いた記事ですが、いまだにアクセス数の多い記事がこちら↓の記事。

婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?

恋愛や結婚というテーマに対して、心理面からのアプローチが必要だと感じている人が多いんだろうなぁと思うのと同時に、「で、実際の所どうなの?」と言う疑いの気持ちがあるんだろうとも思っています。

正直に言いますね。

私が対応した中では、結婚まで至ったケースもありますが、「むしろマイナスな相手と付き合ってるんじゃ?」と思うようなケースもありました。

何故なんでしょう?

フラワーエッセンスでは、人間は肉体と精神・感情、そして魂の3つのバランスがとれた状態が真の健康である、という基本的な考え方があります。そして、フラワーエッセンスを使うと言うことは、自ずとその真の健康に向かって物事が運ばれていくと言うことでもあるんですね。

例えば、なかなか彼ができずに悩んでいた人がいるとします。彼女は自分に彼ができない理由を自分の容姿のせいにしてみたり、消極的な性格が理由ではないか、あるいは親がうるさくて条件に合う人がいない、いやそもそも出会いが少ないし、なんていろんな理由をあげてみるかもしれません。

そしてそうした問題をどうにかしようとフラワーエッセンスを使い、ある日ついに彼ができました。

でも・・・・その彼には既にパートナーがいたのです。

こんなことが、実際に起こったりするんです。

もうね、心の中で「えーと」とか思いますよ。見せませんけど、頭抱えたくなります。

と同時にね、そういうことが起きたことで、その人の内面で一体何が恋愛への妨げになっていたのかが見えてもくるんです。

さっきの例であれば、表面上どう見えたとしてもベストな結果を彼女は手にしているんですね。これがベストな結果だとしたら、彼女はこの結果によって一体何を得ることに成功したんだろう?この問いかけが、ヒントになるんです。(望まない結果を得たときには、試してみて下さいね)

さて、彼女が得たもの。

ひとつは彼ができたこと。これは意識上で望んでいた通りですよね。

そしてもう一つ。

結婚しないで済む関係を得たこと。

何で?って思うじゃないですか?婚活のためにフラワーエッセンスを使ったんじゃないの?

それはね、その関係が彼女にとって「安心できる距離感」だからなんですよ。これが無意識の中にあった望み。

願いが叶わなかったわけではなくて、願いは叶っている。

無意識の部分も含めて。

そこまで分かったら後は「これなら安心」とその人が信じている部分を変えていってくれる、そんなエッセンスを選んでいく。そうやって間違って思いこんでいたものを変えていくと、今度は自分が幸せになれる関係性に変わったり、そうした関係性をつくっていける新しい相手との出会いがあったりするんですね。

フラワーエッセンスを使って望まない結果になったときには、やっぱりショックだと思うんです。聞いている私でさえ「えぇ~」となるもの。

でもそれは、自分の本当の望みを知るチャンスでもあるから。

ピンチは幸せになれる合図。

そんな風に捉えていけたら良いんじゃないかなぁ、と思います。


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

7/24(金)、8/2(日)開催
「はじめてのフラワーエッセンス講座」

SweetFlowersのセッションメニュー


6月の人気記事TOP10です☆
1.婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
2.過食とフラワーエッセンス
3. 恋愛レメディ!?
4. 感情をおさえることで体に出る症状
5. 幸せにつながらない苦行に陥る人
6. 落ち込みに理解の光を灯す
7. プラクティショナーは媒体
8. 松岡修造さんの記事を見て
9. お客様の声~フラワーエッセンス・メールセッション~
10. 人生を花開かせていく力


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2015-07-16 17:42 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/21953284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 依存と自己責任 そして時に応援する人として >>