私がフラワーエッセンスを選ぶバックボーン

ある花から作られたフラワーエッセンスが、どんな癒やしの属性を帯びていくのか。

それは、その花の姿、形、色、ジェスチャーと呼ばれる有り様の他に、どんな科学的成分をその植物が持っているのか、どんな場所で育つのか、人間や動物といった植物以外の存在との関係性、神話などでどんな物語に登場して語られているのか、四大元素(火、土、水、風)のどの要素と関係性が深いのかといった様々な要素が絡み合ってエッセンスの性質として浮かび上がってきます。

FESではこれらを「植物観察の12の窓」と定義して、花達の語る言語への招待状としています。

こうした植物観察を行うことで、本に書かれているだけではない深いが理解がもたらされてきます。

例えば、こんな話をご存知ですか?

蓮の花が、実は自ら熱を出すと言うことを。

蓮は、開花時間が短い花です。その限られた時間の中で受粉をするためには、昆虫を効果的に集める必要があるのです。そのため蓮は熱を出し、それは37度位までになるそうですが、そうすることでより強く香りを飛ばし、昆虫を集めやすくしているのです。植物って、結構すごいんですよ(笑)

そんな蓮の性質を知った上で、改めてロータスのフラワーエッセンスについて考えてみましょう。

ロータスのフラワーエッセンスは、高い精神性をハートを通して地上にもたらす方向へと働きかけます。どんなに素晴らしい智恵をその人が持っていても、人や社会に分かち合わなければその素晴らしさを活かすことはできません。蓮の花が熱を持って芳しい香りを放つように、精神性をハートの温かみに通してこそ人に喜ばれる真の贈り物となりえるのでしょう。

では、このフラワーエッセンスを必要とする人はどんな感じでしょう?どんな雰囲気?どんな話しをしそう?そんな感じで人物像に当てはめてみましょう。

例えば、こんなこと言われちゃう人かもしれません。

「言ってることは良いのは分かるんだけど、なんとなく人事な感じで冷めてるよね。」
「なんか上から目線で、受け入れられてる気がしないんだよねぇ。」

私がどんな風にフラワーエッセンスを選んでいるのかというと、こうしたことの積み重ねがバックボーンになっているんですね、実は。




☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

正式なセッションメニューとなりました。
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー


9月の人気記事TOP10です☆
1. バーストラウマってご存知ですか?
2. 他人に厳しい人って実は
3. フラワーエッセンス・セッションメニュー
4.婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
5.過食とフラワーエッセンス
6. 感情をクリアにしないと明晰に物事を見ることはできない
7. お客様の声~バーストラウマ・セッション~
8. お客様の声~バーストラウマ・セッション~
9. 私の仕事というのは
10. お客様の声~バーストラウマ・セッション~


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2015-10-08 18:43 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/22291667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< お客様の声~バーストラウマ・セ... 好転反応について >>