惰性と言うと

「惰性」というと、ただ何となく意志が働かない状態で続けている感じであまり良いイメージの言葉ではないかもしれません。

「分かってはいるんだけどねぇ」と言いつつ今までの行動パターンをただ何となく続けていく、この時の重く息詰まった感覚にすっぽりはまってしまうとなかなか抜け出せない感じもしますよね。

惰性と言う言葉にはだらだらと続けると言った意味合いの他に、その動きや流れを保ち続けることを表す「慣性」と言う意味も含まれています。「外側からの力が働かない限り物体は静止もしくは等速運動を永遠に続ける」という慣性の法則が働き続けてしまうのは、人の心も一緒な感じですよね。

そこから抜け出していくにはまさに外側から、つまりは自分以外の何かから刺激を受けていくのが一番なんですが、そう言うときは大体出不精になってたりして刺激を受けるきっかけを得ることも難しくなったりも。

この世界は4つの元素から構成されていると考える四大元素の考え方から見てみると、行動というのは火の要素に属します。また感情は水の要素に属し、水が火を消すように何らかの感情的抵抗が行動を起こさせないようにしてしまうことがあります。

その原因は本人が意識できる場合もありますが、無意識の領域にその原因が沈み込んでいる場合もあります。

例えば、先延ばしにする癖のある人に使っていくタンジー。このタイプの人は育ってきた環境の中に混乱や他人の感情の荒々しさに晒されることがあり、その嵐が過ぎるまで自分の感情を抑えることで対応してきた可能性があります。自己表現を押さえることでやり過ごすわけですが、同時に自分の意志を表現していくことが難しくなります。なぜなら、自己表現=危険という刷り込みが行われているので、頭でやろうとしても感情が抵抗してしまいます。

また世の中を斜めに見る傾向の人や素直に対応することに抵抗感がある方の場合も、例えやった方が良いと分かっていたとしても、惰性的な行動を続ける傾向がありますね。この場合にはその方の中にある素直さへの抵抗感がどこから来ているのかを見ていく必要もありますね。

こうした抵抗感に対するアプローチのほかに、その人の中に不足している火の要素をプラスしてくれるカイエンヌのエッセンスは、まさに惰性で動いている状態に刺激を与えてくれるフラワーエッセンスです。惰性といえども流れはあるわけですから、方向性さえ変えることができれば案外スムーズに動き始めたりもするものです。カイエンヌには、そうした慣性の法則における外力のような働きがありますね。




☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

8つのステージで、あなたの最大限の人生をサポート
フラワーエッセンス・セッション

受けたその日が、新しいあなたの誕生日
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー


10月の人気記事TOP10です☆
1. 一見面倒見が良い親子関係の危険性
2. 恋愛レメディ!?
3. 未消化の感情が残っていると
4.婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
5. バーストラウマってご存知です か?
6. 悲しみを表現していく力
7. 好転反応について
8. 猜疑心で相手を見ること
9. 魂の可能性を思い描いていくこと
10. 時に「うんっ!?」と思うこと


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2015-11-03 17:53 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/22449175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 対人恐怖症など人目が気になるときに さらっとやっているようですが >>