悲しみを癒やす女性的な力

母性的、女性的な力というのは、とても奥深いレベルで働きかけてくれるかな、と感じることがあります。

悲しみに暮れているとき。

段階にもよりますが、頑張って前向いていこうよ!といった男性的な陽の力では対応しきれないときがあって、そもそもそれが有効に働きかけるのは立ち上がる気力がある、つまりはある程度エネルギーがある状態です。

でも、悲しみが強いときには、まずはその悲しみを吐き出すこと、それも安全で安心して吐き出せる場所が必要です。

子どもの頃に理由もなく悲しくなると、「とにかくご飯食べれば元気になるから」という訳の分からない理由と共に差し出された温かい食事。それを頂くと、自分の奥深いところからほっとして、なんだか大丈夫になってくる。

今の自分がどうであろうが、ただ差し出される暖かさに包み込まれていく。

そうした力が女性的な力になります。

人が本当に悲しみから癒されていくときには、こうした女性的な力が必要です。

とは言え、いつもそうしたサポートを得られる訳ではないので、時にはフラワーエッセンスの力を借りてみても良いでしょう。

母性愛で包み込むマリポサリリーやマザーアースと繋がる安心感をもたらすレディスマントルなどが助けになるでしょうし、ホリーのように愛する力を取り戻してくれるようなものも心を慰めてくれます。

そうして少し元気になったときには、立ち上がった自分の背中を押してくれるような男性的な力を持つエッセンスを使われてみるのも良いですね。

人は、男性性と女性性をバランス良く使っていくことで自分の可能性を十全に生きていくことができます。悲しみを癒すときにも、上手に二つの力を使っていけると良いですね(^-^)

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

フラワーエッセンス普及協会の会員向けニュースレター(Vol54号)に、小松郁子の臨床ケースレポートが「クライアントの魂の成長を包括的に捉え、統合の方向へと導いた際立った例」として掲載されました。

8つのステージで、あなたの最大限の人生をサポート
フラワーエッセンス・セッション

自分ではどうにもできないと感じる感情の癒やしに
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー


2015年12月の人気記事TOP10です☆
1. 引っ込み思案な人に暖かい心の交流をもたらすエッセンス
2. 行き詰まった状況の突破口は
3. 感情表現にリアルさがないとき
4. 人生で起こることは
5. 自分の感情を認めることで、自己否定から解放されていく
6. 人前で話すことが苦手な人に
7. 相手の発言を押さえつけること
8. 逆転させる言葉
9. 揺らぐのが自然だから
10. 見事な遅刻振りの彼女が

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-01-07 18:14 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/22749851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 境界線を超えて相手を受け入れていく 感謝したい今日一日の理由を問い... >>