エネルギッシュだけれどやりすぎる傾向の人に

私たちが生きているこの世界は、すべてバランスから成り立っています。

そしてその世界の一部である私たちもまた、自分の内にある対局の要素を常にバランスさせながらできうる限り成熟させていくことが求められています。

だからこそバランスが乱れたときや恐れなどから成熟させていくことを拒むときに、トラブルや停滞、病気といったマイナスの出来事によってそのことを知るようにもなっています。

例えば、非常にエネルギッシュな人がいたとします。人の倍働いてもまだ元気な人って、いますよね。たくさん働くことがいけない訳ではありません。人それぞれなので、その人の持っているものを十分に活かすことができるのであれば、それが一番良いと私は思います。

その一方で、「そうあるべき」とばかりに体や心が休むことを求めるときにも無理矢理にでも働こうとするなら、それはバランスが崩れた状態です。これは最初は特に影響が無いように見えますが、積み重なっていったときに突然病気や疲労感が抜けないといった症状で生き方を見直すようにアラームをならしてくるんですよね。

ここで更に自分に鞭を打って働こうとする人もいて、そうした人の場合、心の奥底に罪悪感や自己批判が潜んでいることもあるんです。それがあるから、やめられないんですね。

さて、そんなエネルギッシュだけれどやりすぎる傾向がある方にはアロエヴェラのフラワーエッセンスが役に立つでしょう。ご自身の心と体のニーズを受け入れながら、本来持っているエネルギーを上手に使っていけるようにサポートしてくれるでしょう。



☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

フラワーエッセンス普及協会の会員向けニュースレター(Vol54号)に、小松郁子の臨床ケースレポートが「クライアントの魂の成長を包括的に捉え、統合の方向へと導いた際立った例」として掲載されました。

あなたの悩み、解決できるかもしれません。
フラワーエッセンス・セッション

自分ではどうにもできないと感じる感情の癒やしに
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー


2015年12月の人気記事TOP10です☆
1. 引っ込み思案な人に暖かい心の交流をもたらすエッセンス
2. 行き詰まった状況の突破口は
3. 感情表現にリアルさがないとき
4. 人生で起こることは
5. 自分の感情を認めることで、自己否定から解放されていく
6. 人前で話すことが苦手な人に
7. 相手の発言を押さえつけること
8. 逆転させる言葉
9. 揺らぐのが自然だから
10. 見事な遅刻振りの彼女が

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-01-19 20:13 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/22793997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 叶うからこそ 自分のいたい状況を選択する >>