「more」の状態

繊細とオープンさという一見正反対な要素を自分の中でバランスよく使っていくのは、チャレンジを伴います。

むやみにオープンであろうとして却って傷ついたり、繊細さを守ろうとした結果人と会うのが億劫になったりよそよそしくなったりと、どちらにしても他人に影響を受けてなんだか疲れたな、といった感じになったりします。

そうした相反した要素に橋を架け、バランスがとれた状態へと持っていくのはフラワーエッセンスが得意とするところですが、私の経験からは、ただバランスがとれたというだけではなくそれぞれの特質がより洗練された状態でその人の人生に表れてくる、そんな風に感じています。

繊細さとオープンさというテーマで言えば、ゴールデンヤローのフラワーエッセンスがこのテーマに対してパワフルに働きかけていきますが、この2つのバランスがとれてきたときには感性の高まり共に自己もしっかりと確立された状態となります。その状態になると、人間関係においても適度な距離感を保ちながらも相手のニーズをその感性で掴み取っていくことができるようになり、それまでよりも楽にかつスムーズな関係性を持てるように変化していきます。

これは単に上手に人間関係を捌いていく状態とは異なって、関係性に深みと質の向上をもたらします。

そしてそれはまた、人生の質が向上していくことにも繋がっていくんですよね。

この「more」の状態がもたらされてくるところが、フラワーエッセンスの面白いところだと思います。





☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

3月24日開催。3人の講師から学ぶ特別セミナー。
FESフラワーエッセンスセミナー【自然界とつながる生き方の探求】

8つのステージで、あなたの最大限の人生をサポート
フラワーエッセンス・セッション

自分ではどうにもできないと感じる感情の癒やしに
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー


2016年1月の人気記事TOP10です☆
1. 自分の感情を認めることで、自己否定から解放されていく
2. 過食とフラワーエッセンス
3. 悲しみを癒やす女性的な力
4. 起こる全てを味方にする
5. 相手から学ぶということ
6. 願いの叶え方って、2つある
7. 受け取り上手な人
8. 外側の環境に対する不信感を信頼に変えてくれるエッセンス
9. エネルギッシュだけれどやりすぎる傾向の人に
10. 自己表現は自分を大切にすること

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-02-19 20:41 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/22900114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 自立心、独立心を失ってしまったとき ほめるって難しいかも >>