Self-Heal(自己治癒)

「Self-Heal(自己治癒)」という名前の植物があることは、興味深いことだと思います。

と言うのは、植物が存在するということはその植物の力が働く場所があるということだと思うから。

そのセルフヒールの花から生み出されるフラワーエッセンスは、癒しということの本質にも目を向けさせてくれる働きがあると感じます。

フラワーエッセンス療法の初期段階などで、病気を治す力は自分の中にあるものだという意識が曖昧なときに使っていくと、自分の中にある癒す力への信頼が高まり、そのプロセスにも積極的に参加するようになったりします。

また、セラピーを転々とするような人の場合、癒やしをブロックしている要因に直面したくないという心理が働いて避けようとしている可能性があります。そうした時にもセルフヒールを使っていくと、その部分に向き合っていく準備ができてくるようになります。

そうした本質的な癒やしはどこにあるのか?といったことを見ていくときには、セルフヒールはとても頼りになります。地味といえば地味なエッセンスなんですが(笑)、丁寧にこのエッセンスがどのようにクライアントの状態に働きかけているのかを見ていくと、自己治癒というのは体と魂との間のコミュニケーションによって成り立っているのだとも感じます。

以前、家族が病気になった際に症状がなかなか改善されなかったのですが、セルフヒールのフラワーエッセンスが含まれているコンビネーション、マジェンダセルフヒーラーとセルフヒールクリームを使い続けてもらううちに、本人のインスピレーションによって行ったことがピタリとはまって、症状が改善されたことがありました。

インスピレーションは魂の領域からもたらされるものだと言われていますが、セルフヒールはこんな風に体が健康になるのに必要な情報を引き出してくれるものなんだと実感しました。

縁の下の力持ち的なエッセンスでもありますね。


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

3月24日開催。3人の講師から学ぶ特別セミナー。
FESフラワーエッセンスセミナー【自然界とつながる生き方の探求】

自分の可能性、ちゃんと生きてますか?
フラワーエッセンス・セッション

自分の存在を肯定していくプロセス
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー


2016年1月の人気記事TOP10です☆
1. 自分の感情を認めることで、自己否定から解放されていく
2. 過食とフラワーエッセンス
3. 悲しみを癒やす女性的な力
4. 起こる全てを味方にする
5. 相手から学ぶということ
6. 願いの叶え方って、2つある
7. 受け取り上手な人
8. 外側の環境に対する不信感を信頼に変えてくれるエッセンス
9. エネルギッシュだけれどやりすぎる傾向の人に
10. 自己表現は自分を大切にすること

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-02-21 17:25 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/22905991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 決断ができないときに 自立心、独立心を失ってしまったとき >>