熱狂的な生き方が体に緊張を生む

フラワーエッセンスと接していて感じることは、「すべてはバランス」だということ。

バッチ博士は、人間の肉体、精神、魂のバランスが崩れ、その葛藤が肉体上に現れたものが病気だと言いました。その葛藤が病気として肉体に現れる前にバランスをとることができれば健康でいられると言うわけですが、それに気付くのがなかなか難しい。

例えばダンディライオンのフラワーエッセンス。このエッセンスが必要なタイプの人は、エネルギッシュで自分の理想に向かって突き進んでいく人です。大きな熱意を持って多くの仕事をこなし、むしろそれのどこが問題なの?といった感じです。

けれど、人というのは活動的なライフスタイルだけではなく、静かに内省的な時間を過ごすこともまた同じくらいに大切なのです。そうした時間は静かに自分を包み込む時間となって自分を満たし、穏やかで流れるような生き方へと導かれていきます。それは心の底から感じる安定とバランスがとれた生き方です。

でもダンディライオンタイプの人は、往々にしてそうした生産性が感じられない時間を無駄だと感じます。熱狂的な時間こそが価値あるものだと信じています。

魂は常に、両極の中で繰り広げられる可能性を求めます。それはダンディライオンタイプも同様で、静かな内面に向かう時間を魂が求める一方で、肉体を酷使することも厭わないほどに行動し続けようとする人間の自我がぶつかり、葛藤を起こします。その葛藤が体、取り分け首や肩、腰などの筋肉組織緊張として現れ、痛みを感じるのです。

ダンディライオンのフラワーエッセンスはこうした内面の葛藤を調和させ、体の緊張を緩やかにほどきます。使い続けることで、体の声や感情が訴えてくるものにもっと耳を傾けようという意識が育ってきます。

そうした声を受け入れていくことで、ダンディライオンのポジティブな状態、穏やかで落ち着いていながらもパワーが体に満ち溢れた状態が訪れてくるのです。




☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

3月24日開催。3人の講師から学ぶ特別セミナー。
FESフラワーエッセンスセミナー【自然界とつながる生き方の探求】

自分の可能性、ちゃんと生きてますか?
フラワーエッセンス・セッション

自分の存在を肯定していくプロセス
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー


2016年2月の人気記事TOP10です☆
1. 過食とフラワーエッセンス
2. 自立心、独立心を失ってしまったとき
3. 癒されたかどうかのバロメーター
4. 婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
5. 人との関係性を深めていく
6. バーストラウマ・セッションを始めた理由
7. 自分の感情を認めることで、自己否定から解放されていく
8. 自分本来の思考の働きを取り戻す
9. 批判されると怒る人
10. イライラしやすい人も増えているようですが

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-03-01 19:36 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/22936630
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 何度も同じ問題を繰り返してしまうとき 部署異動を迎える方に >>