近しい人間関係の中で起こるコントロールの問題

パワーに関するテーマに使われるフラワーエッセンスはいくつかあって、例えばブラックコホーシュのフラワーエッセンスはどちらかというとパワーの持つ暗い側面に働きかけていきます。

映画や物語に出てくる悪のカリスマみたいな人に使っていきますが、こう書くとあまり使われることが無いエッセンスに思われるかもしれません。

ただ、人がどのような時に力を誤用するのかというところを見ていくと、このエッセンスが使われる範囲が広がっていくかもしれません。

例えば、権力争い。

政治や大きな組織の中で起こっているイメージですが、実際には日常の人間関係の中で頻繁に起こっていることです。

ある人は、婦人科系の症状と強い疲労感があるとのことでセッションにいらっしゃいました。

様々な要因がありましたが、その中には彼との関係性を見直していく必要も存在していました。

自分の方が彼より色々なことが分かっている、私の言うことを聞けばいいのに聞かない。

そんなことを仰っていましたが、大切なことは彼が言うことを聞かないことではなく、なぜ言うことを聞いてもらう必要があるのか、言うことを聞いてもらうことでその方は自分の何を満たそうとしているのか、と言うことです。

その方は、彼の中で自分の重要性を上げることで自分の価値を満たそうとしていたんですね。そのためには自分が彼より上位に立つ必要がありました。

また彼女が望む通りに彼を動かそうとして彼女自身のパワーを乱用することが、彼女自身のエネルギーを失わせていくことに気がつく必要もありました。人をコントロールすることに使われるのは下腹部にあるエネルギーセンターとなりますが、ここはまた婦人科系の症状とも繋がりの深いところになります。

こうしたことが彼女の体に現れている症状とリンクしていることに、彼女自身が気づく必要がありました。

このケースでは、ブラックコホーシュと自己価値をテーマとするバターカップが使われました。

恋人や夫婦、家族など近しい人間関係の中で起きるこうしたコントロールの問題は、相手を支配することで自分のアイデンティティを保とうとすることで起こります。相手を支配するパワーを感じることで自分を感じられる、という心理状態ですね。

これはパワーが強いことが問題なのではなくて、使い方の問題です。強いパワーを人をコントロールすることに使うこともできれば、「積極的に活動していく」という方向に使うことでポジティブな結果を出すことにも使えます。

ブラックコホーシュは、誤ったパワーの使い方から周囲に明るさをもたらす使い方へと変えていく、そんな働きを持っているのです。




☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

3月24日開催。3人の講師から学ぶ特別セミナー。
FESフラワーエッセンスセミナー【自然界とつながる生き方の探求】

自分の可能性、ちゃんと生きてますか?
フラワーエッセンス・セッション

自分の存在を肯定していくプロセス
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー


2016年2月の人気記事TOP10です☆
1. 過食とフラワーエッセンス
2. 自立心、独立心を失ってしまったとき
3. 癒されたかどうかのバロメーター
4. 婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
5. 人との関係性を深めていく
6. バーストラウマ・セッションを始めた理由
7. 自分の感情を認めることで、自己否定から解放されていく
8. 自分本来の思考の働きを取り戻す
9. 批判されると怒る人
10. イライラしやすい人も増えているようですが

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-03-09 20:18 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/22962732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 自分なりの意見を持つことは、ス... コンビネーションを作る上で大切... >>