花粉アレルギーとおばさま方との関係性

人というのは常に周囲の人達や社会とのつながりの中で自分を見出し、成長していく生き物だと思います。

フラワーエッセンスでもそうした自己と社会との関わりをどのように持っていくのか、また人間関係でいえば幅広い関係性だけではなく恋人や夫婦といった親密な人間関係の中で如何に自己開示をしハートtoハートのつながりを作っていくのかといっところも癒やしのテーマとして扱われていきます。

日本では集団の中で個性を埋没させて生きていく方が都合が良いことも多いですので、そうした個性を如何に本来の自分に沿って表現していくのか、といったことがテーマになる場合も多いですね。

ずっと親の言う通りに生きてきて、でもその部分をセッションを通して深く深く見ていったら実は死にたくなるくらいに辛いと感じていた、そんなことに気付く人もいるくらい自己を表現していくことというテーマは奥深いのです。

社会と自己との関係性を扱うフラワーエッセンスのひとつとして、ゴールデンロッドというエッセンスがあります。このエッセンスは自我形成が弱く、周囲の影響を強く受けやすい人に使っていきます。

それは例えば、本当はそれはどうかなぁと思っている行為を周囲から浮かないためにしたくもないのにしている(これは思春期によく見られる集団で反社会的な行動をとるようなこともそうですね)とか、人の期待に無意識に応えようとしてやりたくないことをやってしまうとか、そんな状態の時です。

ある人は秋に花粉アレルギーの症状がでるということで、相談にいらっしゃいました。趣味のサークル活動の中でパワフルなおばさま方との距離感をどうとるかで悩んでいると言うことでしたので、このゴールデンロッドを試していただきました。

エッセンスを使っていく中で、おばさま方がその方の許容量を超えて内面に踏み込んできたと感じるとアレルギー症状がでることに気付いたことで、それからは何を言われようとも自分のペースを取るように心掛けるようになったそうです。

そうです。ゴールデンロッドは実はこうした強さも与えてくれますし、同時におばさま方を上手にあしらうしなやかさも与えてくれるんですね。

強さだけでいってしまうと、それはそれで新たな問題になったりしますもんね。

このバランスの良さがフラワーエッセンスの魅力かもしれません。

人間関係は時に面倒なこともありますが、同時に他人を通してこそ知ることができる自分というものもあります。

そしてフラワーエッセンスは面倒なことを避ける方向ではなく、自分が本来持っているものを十全に生きていく方向へと促していくものです。

それは時にチャレンジにもなりますが、だからこそそこを乗り越えたときには多くのものをもたらしてくれるんだろうと私は思っています。



☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

感情的な充実が幸せな人生のバロメーター
フラワーエッセンス・セッション

自分の存在を肯定していくプロセス
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-05-24 20:13 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/23169129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 感情表現には色々な方法がある 花たちが与えてくれる時間 >>