恐れがあると、人生は

「何でこんなに先延ばしにしているんだろう?」と思ったことがあって。

どうみても大したことじゃないし、できないようなものでもない、なのにやろうとすると心や体が抵抗して、まるでしゃがみ込んでいるみたいな感じ。

そんな体験、ある人もいるんじゃないかなぁ。

決断ができない優柔不断さ、やる気のなさや積極性のなさ。これは家族関係の中でそうした傾向ができてきたり、時にはトラウマとなった出来事に起因していることがあります。

私が自分のこの状態に気付いたときに、そこには恐れが潜んでいたわけですが、その恐れを更に見ていったときに高校生くらいの自分にたどり着きました。そして当時の家族関係の中で、自分の意志を示さないことで波風を立てないことを選択していたことに気付きました。

14歳くらいから始まる思春期は、自己を確立していく時期でもあります。この時期に両親や権威的な立場の人と意見の衝突を起こすことは、健全なことでもあります。人は何かにぶつかる(これは喧嘩することだけではなく、体験することも含まれますが)中で自分というものを知っていきますし、その時期に自分の思うことを恐れることなく相手にぶつけていくという体験が、その人の内面の強さを育てていく側面もあります。

反対に権威で子どもの意見を押しつぶされる体験は、自己を押さえ込むことで自分を守るという姿勢につながっていくこともあります。それが積み重なっていくと、意志を働かせようと思っても働いていかない、そんな状況に陥ったりします。

そんな状況の方に使われるフラワーエッセンスに、タンジーがあります。

使い続けていくことで内面の強さを育ててくれますが、同時に自分が一体なにを恐れているのかに気付かせてもくれます。

恐れがあるにも関わらず「何でできないの?」と自分に鞭を打ち続けることは一時的には効果があっても、続ける中で消耗してしまいます。恐れを抑圧するのではなく、あることを認めていく。それができる人が、本当の強さを持った人とも言えるかもしれないですね。

さて、私の話に戻りますが、恐れがあることで実は面倒なことをしていたことにも気付きました。回避するためにあれやこれやと策を練ってみたり、安心するために余分な動きをしてみたり。

なんというエネルギーの無駄遣い!

そして思ったこと。

恐れがあると、人生は複雑になっていくなぁ。

ということで、シンプルにいきたいところです。



☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

感情的な充実が幸せな人生のバロメーター
フラワーエッセンス・セッション

自分の存在を肯定していくプロセス
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-06-04 17:48 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/23196480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< お誕生日を迎えたあなたに 「学ぶ」スタイルにも色々あって >>