男性性が強く現れている時代

成果主義や効率性というのはある共通した条件の下で評価する時には、とても分かりやすい方法だろうと思います。

学校の成績とか会社組織内での評価とかはこうした方式ですよね。私が働いていた会社では定量評価と定性評価の2つの側面から評価されましたが、でも昇進するには最低限取得しなくてはいけない資格(技術職でしたので)があったりして、同じテーブルに乗っかったときには分かりやすい強みを求められていたなと思います。

結果だけで評価するという行為は男性性、女性性で分けると男性性の要素を持っています。達成感は感じられますが、多ければ多いほど良い、速ければ速いほど良いといった数字で評価される世界ですので、深く満たされるというよりは不足感を味わいやすくなるとも言えるでしょうね。

もうひとつ、その性質で評価するというのは女性的な要素をもっています。多くをこなすというよりも一つ一つを深く味わっていくプロセスを大切にしますので、達成感を数多く味わうという感じではありませんが豊かに満たされていく感覚をより味わいやすいと言えるでしょう。

今の時代は科学技術が発達し、インターネットの世界だけでなく仕事など日常生活の中でも質より量、スピードを求められる時代です。これは男性性が非常に強く現れている時代だとも言えるでしょう。

そしてそうした時代に生きていると言うことは、その時代の持つエネルギーに私たち自身も無意識のうちにさらされているということです。

つまりは私たちの中に誰でも本来持っている男性性、女性性のバランスを失いやすく、そのバランスの乱れが女性であれば婦人科系の不調として表れることもあるでしょうし、荒涼とした場所に取り残されたような孤独感を味わう人や自分の内側が削がれていくような疲労感を覚える人もいるでしょう。

表面に表れる症状の根底にあるのは個人的な体験だけではなく、こうした時代背景に即したものも少なくありません。

フラワーエッセンスを選ぶときにはこうした視点も時には加えてみると、新たな発見があったりして面白いんですよ。



☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

7月23日、8月27日開催。旅するようにフラワーエッセンスを学ぶ講座。
花と旅する時間
 第1回目は今の時代に女性性を癒やすユリ科のエッセンスをご紹介します。

感情的な充実が幸せな人生のバロメーター
フラワーエッセンス・セッション

自分の存在を肯定していくプロセス
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー


2016年5月の人気記事TOP10です☆
1. 過食とフラワーエッセンス
2. フラワーオイル、こんな使い方いかがですか?
3. 「感情は信用できない」というあなたに
4. リトリートその2
5. 過去に感謝を、未来に祝福を
6. 花たちが与えてくれる時間
7. 感情表現には色々な方法がある
8. 花粉アレルギーとおばさま方との関係性
9. リトリートその1
10. 幸せのバロメーター

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-06-27 19:49 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/23254165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「変わらない」ことと「感情」の関係性 あなたがもし、真にポジティブな... >>