心の境界線を超えて

どうやっても相手と話が噛み合わないことがありました。

まぁ、向こうがしっかりとガードを張って相手を中に入れないぞ、としているときだったので、当たり前といえば当たり前だったんですが。

これも後から事情を説明されて謝られたんですけど、でももしあの時私も「もういいよ!」と相手をシャットアウトしていたらお互いに理解をすることはできなかったかもしれません。


その時の私を助けてくれたのは、プッシーポーズのフラワーエッセンスでした。


プッシーポーズは肌と肌との触れ合いが苦手といった、相手と自分の間にある境界線を超える恐れをテーマにしています。これはなにも肉体的な部分だけではなく、人の心の中にある境界線も含まれます。

例えば誰かに対して批判的な目で見てしまうときには、自分の価値観をベースにして相手を判断していることが多いです。価値を基準にして人を見ると、どうしても自分とは合う合わない、自分は正しいけれど相手は間違っているといった自分と相手の間にある「違い」に目が向いてしまいます。

これが心の境界線。

「私が理解できるのはここまで。だからそこから先のことは認めないわ」といった感じでしょうか。

この心の境界線を持ったまま相手と向き合っても、そこにはお互いに自分の考えに相手を寄せようとするパワーゲームや、違いがあることから生まれる恐れといったものが存在します。

自由を訴えながら自分の意見が通らないとなると拳を振り上げて相手を糾弾したり、力で自分の意見に従わせようとする。そんな「それ、自由な状態じゃないですよね?」と言いたくなるようなことが起きてくるのも、こうした心の境界線が絡んできます。

境界線は争いや拒絶が起こる場所、と言っても良いかもしれません。

その心の境界線を超えていくことは、やはり勇気がいります。少なくとも私は自分の中に葛藤が起こります。結構頑固なところもあるので、余計にそう感じるのかもしれませんね。

そうですね、心の境界線は価値観や思いこみなどが頑なになったものが壁となってできあがってくるのかもしれませんね。

そんなカチコチに頑なになった心の境界線に対して、プッシーポーズは和らげ、自分がここまでと思っていた枠をぐっと広げてくれます。不思議なんですけどね、ふっと「もしかしてあの人はこうだったのかな?」と視点が変わるきっかけができたり、「まぁ、そうだよね」となんとなく受容できたりするんですよ。

FESもプッシーポーズはこれからの時代にとても必要とされるエッセンスとしているようですが、私また同じように感じています。

心の境界線を越えていく、そしてクロスオーバーしたその場にこそ平和と愛が満ちあふれている、

そんなビジョンを見せてくれるエッセンスだから、と言っても良いかもしれないですね。




☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

あなたの可能性を、価値ある未来へと創造する
SweetFlowersのセッションメニュー


2016年7月の人気記事TOP10です☆

1. 健康的に亡くなる
2. 「癒し」は必ずしも必要じゃない
3. 過食とフラワーエッセンス
4. 言葉って難しい
5. 使うタイミングを図る
6. フラワーエッセンス療法におけるセッション回数
7. 花と旅する時間
8. 「優しい嘘」は本当に優しいの?
9. 婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-08-31 19:55 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/23447255
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 理想を追求するが故に排除したもの 他者への共感力にブロックがあると >>