理想を追求するが故に排除したもの

多数の知的障害者が犠牲となった痛ましい事件がありましたが、本当に衝撃的な事件だったと思います。

報道からは「ヒトラーの思想」といった言葉も出てきて、このようなジェノサイドのベースにある思想に私は改めて意識を向けてみました。

ナチスの行った政策は、元は健全性を高めるものでした。人格、人間の向上という考えから様々な政策を行い、例えば食事の健全さやスポーツの推進、理想的な家庭への啓蒙などむしろ素晴らしいと言ってもいいようなものです。

けれど理想の形を追求するあまりそこから排除されるものを外していこうとしたときに、残虐な行為へと向かっていきました。

これは、ルワンダで起きた大量虐殺でも同じで、優生学に基づく人為的な民族の区別から始まりました。

そして、こうも思うのです。

理想を追求するあまりそこから外れるものを認めないと言ったことは、私の心の中にも起きていないだろうか?

例えば、自分は関心があるけれどそれに関心がない人を責めてみたり。

自分が理想とするやり方に固執するあまり、人のやり方を見下してみたり。

過剰なまでに食事にこだわったり、或いは体のデトックスにはまったり。

顔のパーツがどうしても気に入らなくて、いっそグリグリと塗りつぶしてしまいたいと思ったり。

自分ができないことを認めたくなかったり。

その他、色々。

けれど、フラワーエッセンスの世界は、そんな排除してしまいたいと思う部分に光を当てます。それがあることを認め、自分なりに受け止めていく中で、認めたくなかったものの中に大切なものがあったことに気付かせます。

自分の中にも、そして他人の中にも。

それは自分の全てを愛する作業となりますが、そしてフラワーエッセンスはどれを使ってもそうした方向に向けてくれますが、取り分けこの全体性という側面に強く働きかけるのがホリー。

愛から切り離されている状態、嫉妬や妬み、疑いや怒りなど暗い感情にはまっているときにハートを愛で満たしてくれます。

自分と他人は異なる、と区切ったところから争いが始まります。けれど、肉体を持って生きている限りには、「私」と言う個が確立されていることもまた大切です。

そうした両極性の中で、如何にバランスをとって生きていくのか。

ホリーは自分という枠を広げ、その中に他者を含め愛していくよう働きかけますが、その働きこそが答えではないかと思います。

その意味で、これからの時代、やはり非常に重要な働きをしてくれるフラワーエッセンスのひとつだと考えているんです。


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


あなたの可能性を、価値ある未来へと創造する
SweetFlowersのセッションメニュー

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-09-07 20:33 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/23473395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 全てがレゾナンス 心の境界線を超えて >>