美しさについて、あれこれ

なんだかあまり残暑を感じることなく秋へと入っていたような気もしますが、私だけでしょうか?

芸術の秋とも言いますが、私もいくつか芸術に関する楽しいイベントが控えているので、十分に楽しもうと思っているところです。

さて、芸術に絡んで日常の中の美しさについて。

あなたの暮らしの中には、美しいものにどれだけ彩られているでしょうか?

心が満たされる美しいや絵や写真、花、インテリア、食器、ファッション。
映画やドラマなどで美しいストーリーや映像にふれること。
甘美な音色に彩られる音楽。
言葉が紡ぎ出す響きの美しさ。
ふとしたときに垣間見える人の内面の美しさ。
自然の生命力あふれる豊かな美しさ。

それから後、なんだろう?

美しさは魂に栄養を与え、その人が心豊かにダイナミズムに溢れた人生を生きることを後押ししてくれます。

それは単に整理整頓された清潔さだけでもたらされるものではなく、内に痛みや繊細さをもっているものでもあるように思います。

と同時に、個性もまたそこにはあります。その本質が自ずと溢れてしまうもの。そうした個性。

以前、フラワーエッセンス講座の中で、「美しさは魂の栄養だから、効率性だけで切り捨てられるものではない」と話しをしたときに、「ドクロマークに美しさを感じる人もそうなんでしょうか?」と言った質問がでて面白かったですね。

私は好みではないですが(これは単なる恐がり故)、以前オーストリアのザルツブルクにあるお城を訪れた際の体験を思い出しました。

そこには城主が代々残した宝物庫があって、その中に豪奢な指輪が手の骨に飾られて展示されているものがありました。

西洋では骸骨に対する概念が日本とは異なる部分もありますし、また個人的な思い入れがそこに投影されることもあって、美しさの概念も様々ですよね。ですから、そこに美しさを見いだせるのであれば、そしてそれもまたその人の魂とのレゾナンスであろうと思うと、それもまたあり、なんでしょうね。

ただこうしたテーマは突き詰めると倫理観や社会的概念とぶつかってくることもあって、そうした葛藤は映画や小説などでも多く扱われるテーマでもありますね。後ろめたいけどちら見しちゃう系とか。

全てはレゾナンスであり、同時に常にバランスを求められるもの。

だからこそこの世界には絶対的な正解はなく、時に混沌として。

その混沌とした中に尚、美しさを見出したときに、ダイナミックに波打つ生が見出されるように思います。

それはまた錬金術的な煌めきのようだとも思うのですが、皆さんはどう思われますか?




☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

あなたの可能性を、価値ある未来へと創造する
SweetFlowersのセッションメニュー


2016年8月の人気記事TOP10です☆

1. 「成功している人たち」がまったく使わない言葉
2. 今年も癒しフェアに参加して来ました
3. 夢に関するフラワーエッセンス2つと・・・
4. 魂に聖杯を抱いて
5. ベストシナリオを描く
6. 婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
7. 相手の話を「そのまま聴く」のに必要なこと
8. コーピングってご存知ですか?
9. 過食とフラワーエッセンス
10. 生まれてきた目的に気付いていく~ワイルドオート~

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-09-17 16:56 | 美しく豊かな人生を生きるヒント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/23494421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< お客様の声~フラワーエッセンス... これからの季節、ドリームワーク... >>