ちょっとのチャレンジ

ちょっと体を動かしたい、と思っていたところ、丁度いいピラティスのスタジオを見つけたので、「これだ!」とばかりに行ってみました。

ちょっと疲れたけど、でも気持ち良い。そんな感覚に、すっかりはまってしまいました。

「もう駄目!」と思うくらいの負荷の掛け具合は、1人でやるとなかなかできないもの。その手前で簡単にギブアップしてしまう私なので、インストラクターがいる環境というのはポイントのようです。

ところで「ちょっと無理」「ちょっと始めてみるのにストレスを感じる」という時に私が良く使っていたエッセンスの組み合わせがあります。「できないんじゃないか?」という自信の無さをサポートしてくれるラーチと「ああだったら、こうだったら」とアイディアは思い付くものの、ちっとも行動に移せず尻込みしている時に、とにかく足を動かすことをサポートしてくれる「ブラックベリー」のエッセンス。本当にくだらないことなのに後回しにしてしまいそうな時に、この2つは本当によく飲んでいたのです。

さて、なぜラーチなのかというと、どうも私の面倒くさいの裏には「やなこと避けたいなぁ」という気持ちが思い切り隠されています。そして誰かにやってもらうことで面倒は避けられるのですが、でもそれは自分に「負荷」を掛ける機会を避けて、自分の持つ能力にしなやかな筋肉をつけることを避けてしまうことにも繋がっていく。そして筋肉をつけないことで、また面倒なことを自分でやらない理由にしてしまう。そんなからくりが潜んでいることに気が付いたことがきっかけでした。でも、自分にはそれをやり遂げるだけの力はあるのです。だって、本当に些細なことだから・・・。

ほんのちょっとの無理。

それを経験することで、身も心も強く、しなやかになっていくのだろうと思います。いきなり大きなことはできないけれど、だからこそ日常の「ちょっと無理」「ちょっとチャレンジ」はばかに出来ないのかな?なんて感じているのです。
[PR]
by sweetflowers | 2005-12-12 23:18 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/2357850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< キャッチボールの年越し 手段の先にあるもの >>