パワーに関する歪みに対して~サンフラワーのフラワーエッセンス

この1週間ほど、自己愛性パーソナリティ障害のことを調べていて、頭が若干疲れました(^_^;)

フラワーエッセンスを選ぶ時には「この症状にはこのエッセンス」といったような選び方ではなく、その行動や症状のベースになっている感情や思考に対して働きかけるフラワーエッセンスを選んでいきますが、その人の思考や感情と言った内側の世界で起こっていることが外側にどのように表出しているのか?といった逆方向の見方をしていくのも私の場合はエッセンスを選ぶ際のヒントになったりします。

それで、「多分この人の中ではこういうことが起きているからこういう症状が起きているんじゃないか?」という仮説を立てて、検索キーワードを入れて調べてみたりします。

よく「論理的に説明されている」とか言われたりするんですが、それは多分、こうした仮説→検証をしているからなんじゃないかと思います。

そんなオタクなことをしていたここ数日ですが、いくつかのフラワーエッセンスについて私なりにまたひとつ、理解が深まったように思います。本に書いてあるようなことでも実際には良く理解していないことがあって、自分なりに経験を積んでいくとある日「ああ、そういうことか」と腑に落ちてくるんです。それが私が思う「理解ができた」状態。

その中の一つ、サンフラワー。花の咲く季節にはまだ早いですが、真夏の真っ青な空の元で咲く黄色い花は明るくてポジティブ、堂々としています。その性質がサンフラワーのフラワーエッセンスに引き継がれているんですが、その他にも「パワー」といったテーマも持っています。

自分のパワーをどう扱っていくかと言うのは、時に困難な課題となってきます。

人が自分のパワーを健全に使っていく為の雛型は、自分の内面に持つ男性イメージがベースになっています。その男性イメージは多くは父親がモデルとなっていますが、そのイメージが暴力的な場合には自分がパワーを持つことに怖さを感じて使わないように抑えようとしたり、反対にそのイメージと同化して暴力的な振る舞いに出る場合もあります。頼りなければ「自分にはそんな力が無い」と思いこみ、「パワーとは他人を自分が望むとおりに動かすことだ」といった観念を持った人から容易に抑え込まれてしまう場合もあります。

そうしたパワーに関する歪みに対してサンフラワーのフラワーエッセンスを使うことで、バランスのとれた状態にし、パワーを健全に使っていけるようになっていきます。

では、健全なパワーの使い方とはいったいどのような状態なのでしょう?

それは人を傷つけたり打ち負かしていくようなものではなく(それは強さではなく暴力ですよね、ここを一緒にしてはいけないと思います)、人を暖かく照らし、その光で成長を促す太陽のような強さを言うのではないでしょうか。

そしてそれができるようになった時に、人は真のヒーリングパワーを発揮していけるようになります。

それは「私ってこんなにすごいのよ」といった高慢な自己賛美やステータスや偉そうな態度といったその人の外側に張り付けられた金メッキのようなものではなく、人を思いやり、共感にあふれた、その人の内面から溢れ出る輝きである筈です。

ずっと自信が無かった人が自信を持ち始めて輝き始める、これはとても素晴らしいことですね。

でもそこで留まってしまっては、ご自身の中にある光を他者と分かち合っている訳ではなくて。

自分の中に見つけた光を他者の中にも見出していく。

そんな強さを私も持ちたいな、と思ったこの数日間でした。


d0018315_23140652.jpg

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


6月9日(金)開催!
2017年6月のお茶会:花と響き合う時間

あなたの可能性を、価値ある未来へと創造する
SweetFlowersのセッションメニュー


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2017-05-21 23:15 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/24211227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< お客様の声~バーストラウマ・セ... Connect~他者を通して受... >>