ミュレインのメッセージ

年明けと共に風邪を引いて、約3週間。ここに来てようやく治りそうな気配が見えてきた。長かったなぁ、今回は。妹と二人で出かけた初詣で風邪を引いて帰ってくるなんて、全く持って冴えない気がする。「病気の時は何かを振り返るきっかけのような気がする」と言った話を聞き、それもそうかも?と思ったりした。

体の調子が悪いと、気持ちも下向きになりがちで、「ああ、もう」と思いつつじたばたしているうちに、実は気持ちが滅入っているのは病気とは別のことが要因だったことにふと気が付いたりするのだ。そんな訳でじたばたしていた今回は、「罪悪感」が自分の中にあることに気が付いた。

 「長引いちゃって、周りに迷惑かけてるかな?」
 「病弱な奴って、疎ましく思われているかも?」
 「でも、体を休ませたい」

そんな気持ちが実は自分を落ち込ませていたのだと気が付いた。

さて、「罪悪感」と言えば「パイン」のエッセンスが定番だけれど、今回は「ミュレイン」と「ディアブラッシュ」のエッセンスを飲んでみる事にした。ここのところ、私なりに自分の価値観を優先させていこうと、意識してきたように思う。それは時には周囲の価値観からは浮いてしまうことになるかもしれないけれど、自分の奥から聞こえてくる声にどれだけ誠意を持って応えていけるのか、ちょっとしたチャレンジの時を過ごしていたのだ。大袈裟かと思われるかもしれないけれど、社会の枠組みの中で「当たり前」とされてきたことを、無意識に「正」としていることが私には多いと感じている。その中で敢えて「正」とは違うことを選択するのは、やっぱりチャレンジだったのだ。私にとって。そしてそれを引き受ける覚悟を改めて試されていたこの数週間だったのだな、とエッセンスを取り始めた今、感じている。

そんな訳で、「罪悪感」の理由が見えた今は、すっきりとした気持ちになってきた。それと共に風邪も快方に向かっているようなので、ますますすっきりしてきている。(何しろ鼻水、鼻声、咳、喉と一通り風邪のプロセスを歩んでいた日々だったのだ)

ところで、「ミュレイン」のエッセンスは、これからますます必要とされていくエッセンスなのではないか?と勝手に私は思っている。価値観が大きくシフトしていく中で、自分の魂にとっての誠実さから物事を判断していくことが、必要とされていくのではないだろうか?そんなことを、改めて感じている。
[PR]
by sweetflowers | 2006-01-24 23:55 | フラワーエッセンス
<< 陰から陽へと キャッチボールの年越し >>