受け取ることと手を伸ばすこと

一雨ごとに暖かくなる季節となってきました。この時期、花屋の店先には様々なチューリップが並びます。私はチューリップが大好きなので、あれこれ選ぶのも楽しい季節です。

FESのフラワーエッセンスにも「スターチューリップ」と「イエロースターチューリップ」というエッセンスがありますが、どちらも受容性に関するエッセンスなのが面白いところです。

チューリップの形は確かにカップのようで、でも、暖かい部屋に飾った途端あっという間に開いてしまったりして、そのジェスチャーは確かに受容性をイメージさせるものがあります。そして葉はすっと天に向かって伸びていて、「受け取るにはまず手を伸ばさなければいけないのだなぁ」なんて思ったりします。

それに、チューリップは本当によく水を吸い上げるのですよね。そして花瓶に活けた後でもふと気が付くと「もしや伸びてる?」と気が付くほど伸びていたり。素直に自分に必要なものを吸い込んで、まっすぐに天へと伸びていく伸びやかさ。それがあっての「受け取ること」なのだと改めて感じているところです。

d0018315_2214766.jpg






~ 黄色いチューリップをラナンキュラスと共に ~
[PR]
by sweetflowers | 2006-03-01 22:06 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/2764061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 選択と言う表現 スペースを提供すること >>