人生の仕掛け

先日、ひょんなことで留守電に入れた自分の声を聞いてしまった。(知人の留守電に入れたと思ったら自分のだったと言うオチあり)マイクを使って話をした時とか、「ああ、なんか耳慣れない声だなぁ」とか思っていたりしたけれど、どうやら普段からそんな声で喋っていたらしい。ずいぶん昔に、録音した自分の声を聞いたことがあったけど、あれから年を経た分だけ大人の声になっていると思っていたのに、思った以上に幼い声で「なんだこりゃ」と軽くショックを受けた。ああ、びっくりした。

ところで、私はマイナスに傾くとせっかちになったりする。にもかかわらず、私が苦手とするタイプのひとつが、このせっかちなタイプだったりするのだから、この矛盾!せっかちな人と接するときには、自分の中の全エネルギーをその人に集中させて、普段の自分とは明らかに違うレベルで接するわけで、その後は本当に疲れる。でも苦手なのは、例えば親の影響じゃないかとか、小さいときにこんな経験があったからじゃないかとか、そういう人と接する度にあれやこれやと理由を探ったりしてみたけれど、なんのことはない。自分の中にある見たくない面をデフォルメされた人が現れていただけなのだ。ああ、本当にばか。

緊張するのも、人が聞いたらくだらないと思うような理由だ。その人に「こいつは駄目だ」と思われたくないのだと思う。そしてせっかちな私は、私自身にもそうやっていつも駄目出しをしているのだろう、きっと。

それにしても、日常は時々こうやって軽いジャブを投げてくる。その中にある種明かしに気が付いた時には「おおっ」と思ったりする。人生には自分が思っている以上に、種も仕掛けも潜んでいるらしい。
[PR]
by sweetflowers | 2006-09-15 01:39 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/3802135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 心の乱視 根っこの実り >>