情熱を持って生きる

なんとなくですが、「情熱的に生きる」というとパワフルにエネルギーを外に発しつづけていくようなイメージを思い浮かべてしまいます。色で言うと「赤」でしょうか。けれども決してそうではないのだということに、ふと気付いたことがありました。

ある日、どうにもこうにもやる気が湧かなくなっている自分に気がつきました。それは知らず知らずのうちに自分から何かが漏れ出て行って、気が付いた時にはそこから抜け出る気力さえ残っていないような感じでした。カスカスのエンジンを無理やりかけて前に進む車のようで、一体自分は何をしているのだろうかとさえ思いながら。

ふと頭の中にカリフォルニアワイルドローズが浮かびました。その花はカップ型をしたピンクの花びらを持ち、その花から作られるフラワーエッセンスは情熱を持って人生を生きていくことをサポートしてくれるのです。その花の姿を思いながら、何故この花が「受け止める」カップ型の姿をしているのかが理解できたような気がしたのです。

この世界に貢献していくということ。それは大それた話ではなく、自分が熱意を持って取り組んだことで、誰かが笑顔になっていくことなのだろうと思います。けれどもそれは空っぽの自分では決して果たすことの出来ないことで、その為には自分の中に幸福感や豊かな気持ちであったり、知恵や知識であったり、優しさだったり、夢や希望であったり、物やお金の場合もあるでしょう、そんな提供できるもので自分を満たす必要があるのです。そして満たしに満たして周囲に惜しみなく溢れさせていった時に、初めて情熱的に生きていくことが出来るのだろうと気がついたのです。

何かをしたいと言う気持ちばかりで、肝心の提供できるもので自分を満たすことを怠っていた私が息切れを起こしていたのは、その事に気がつく必要があったからのでしょう。

カリフォルニアワイルドロースのエッセンスは、ハートを通した熱意と共に人生を生きていくことをサポートしてくれます。それは他者への自愛と共に、自分自身への愛も含んだ生き方なのだろうと感じました。
[PR]
by sweetflowers | 2007-06-02 12:39 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/5533600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アメリカに行ってきます ちょっとすっきり >>