嘘を付かないもの

三連休の最終日。3日間ともお天気に恵まれました。私は1日目は友人と深大寺や神代植物園へ出かけ、夜は別な友人も加わってのお食事。残り二日はお家でのんびりと過ごしています。

d0018315_1345562.jpg深大寺では楽焼の絵付けにもチャレンジしてきました。既に素焼きしてあるお皿やらカップやらの中から、小さく丸いお皿を選びました。絵付けと焼いていただいて200円。でもね、初めてなので、一体どんな色に焼きあがるのか感覚が掴めなくて、出来上がったらやっぱりちょっと色が薄かったです。友人と二人「次へ繋げよう!」と、一体どこに繋げていくのかは不明なのですが、そんな前向きな気持ちで持って帰ってきました。(そう、20分ほどで焼きあがるので、その日のうちに持って帰れるのです)

でも初めてのことは、失敗しても楽しいですね。

そして、なかなかまとめて読む時間の無かった本もゆっくり読むことが出来ました。図書館に予約していたヤンキース松井選手の「不動心」も丁度届いたので、こちらも読んでみました。

非常に理知的で整理された内容で、押し付けがましくないジェントルな文章は、普段テレビなどで拝見する印象そのままでした。また野球選手として日々どんな姿勢で臨んでいるのかといった話もとても興味深かったのですが、それ以上に本全体を通して伝わってくる「野球が好き」という気持ちが、読んでいてとても印象深かったです。その「好き」という気持ちが野球に対する姿勢だけではなく、彼の習慣や人格までも作り上げているのだなぁ、と感じて、私自身も「好き」という感情と丁寧に大切に向き合っていきたいなぁ、とも思いました。

それと昨年手首を骨折した際に長嶋さんから言われたと言う「リハビリは嘘をつかない」という言葉は、私にとって大変印象的でした。私自身、リハビリ中の家族がおりますが、リハビリと言うのはこれだけやったからこうなる、というものではないんですよね。やったからといって、リハビリが必要になる前と同じことができる訳ではないのです。ただ、今よりも進化する可能性を見据えながら、今できることを続けていく。そうして繋げていった先に何かができるようになったりするのですよね。

全てが一瞬で元通りになる訳ではないけれど、一つずつ開かれていく可能性に心躍らせる喜びもまたあるのです。

それは何もリハビリのことだけではなく、私自身の日常もそうなのだろうと思います。積み重ねていくものは嘘を付かない。そんな感じでしょうか。

そんな訳で、また絵付けをする機会があった際には、積み重ねた(大袈裟な!)経験を活かして来ようと思っています。
[PR]
by sweetflowers | 2007-09-17 13:49 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/6164809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 花が咲きました 喜びの花 >>