声を訊く

昨日、友人に以前から勧められていた美容院に行ってきました。
会うたびに勧められること2ヶ月あまり。お店の名刺を渡されること3枚目。「明日絶対予約の電話を入れること!」と遂に言われた翌日、やっとこさ予約を入れた私でした。決して行きたくなかったわけではなく、単に時間が無かっただけなのですが・・・・。(身なりを構わないわけではないのです!)

さて。
感想を言えば、やはり友人が熱心に勧めるだけのことはあったのです。色々言わなくても仕上がってみれば「あら、こんな風にしてみたかったのよね」と言った髪形になっていたのでした。しかもヘアセットの楽なこと!こんな快適さもあったのね、という感じです。

ところで、カットの最中、いきなり「ストレートパーマかけたでしょ」と美容師さんから言われたのでびっくりしてしまいました。
「1年位前ですよ!何で分かるんですか?」驚いて聞いてみると、彼女はにっこり笑いながらこう答えてくれました。

「髪に訊いたの」

何も本当に私の髪が彼女に話し掛けた訳ではないにしても、何年もの間、毎日のようにたくさんの人の髪に触れてきたのだろうと思います。その日々の中で、観察と熟考と検証と。そんなことを積み重ねてきたたくさんの日々が、彼女に髪の声を訊く事を可能にさせたのだろうな、と思います。
私も花の声を訊きたいと思うし、言葉だけでは伝えきれない様々な響きも訊いていきたいと願っています。その為に今どれだけのことができるのか?そのことにどれだけの時間を割いていけるのか?ふと、自分を省みて「むむむ」と感じてしまいました。

やっぱりプロは凄いなぁ。

髪を切る、ということだけでなく、なんだかとても良い出会いをさせて頂いた気がして、熱心に勧めてくれた友人に感謝した日曜日でした。
[PR]
by sweetflowers | 2005-05-24 01:22 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/651907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by earth-embracement at 2005-05-24 23:48
うわ。すごい美容師さんですね〜。髪は神に通じるっていうし(日本語の語呂合わせだけではなく)、そういうのあるんでしょうね〜。新しい髪型を拝見するのを楽しみにしておりますね!
Commented by sweetflowers at 2005-05-26 01:42
そう、すごいでしょ?私の髪の先が一体何を彼女に語ったのか、気になるところです。「扱い粗くてたまらんよ」とかぼやいてたりして・・・。(←女子としてどうなんだろうか?)この次お会いするのはアドヴァンスクラスで、ですね。楽しみにしていて下さい。ふふふ。(不敵な笑い)
<< アブラムシ協奏曲 アイドリングのアロエベラ >>