地球的即興音楽

今日は午前中のセッションを終えた後、夕方から恵比寿ガーデンプレイスにて行われたishwishのイベントへと出かけてきました。

マイケル・ジャクソンの全盛期を支えた音楽プロデューサーのクリストファー・カレルとシルク・ドゥ・ソレイユ「KA」のリードボーカリストであるベス・クイストの二人によるグループ。今日はそれにヴォーカリストのikuko(って、同じ名前ですが、私じゃないんです。でも名前を呼ばれるたびちょっとどきどき)が加わった特別バージョン。ベスの声は本当に天と地が一直線に繋がるかのようにすぅーっと伸びていく。艶やかでしなやかで、まるで絹糸のようだと思いました。

今回CDジャケットを担当した知人から聞いた話では、ベスは天と繋がって音を下ろしてきているのだとか。(確か)

全部で3曲だけれど、その中の1曲は全くの即興なのだそうですが、そうとは思えないまとまりがあって、本当に不思議。

予定では30分の筈が終わってみると45分くらいやっていたみたいで、野外だったしかなり寒かったです。でも、年配の方が意外に多くて、お一人で来てらっしゃる方も何人か。これまた聞いた話ですが、リピーターも多いようです。

このイベントは後12/15と12/22に行われます。ご興味がある方は是非足を運んでみて下さい。でも防寒はしっかりとして下さいね。風の通り道なので、ほんと!寒いんです!!
[PR]
by sweetflowers | 2007-12-08 21:53 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/6702618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ありがとうの月 緑溢れるマント >>