アブラムシ協奏曲

我が家のベランダに、2年程前に買った「カランコエ」の小さな鉢植えがある。
随分前に一度アブラムシの大群に襲われたことがあった。その時は確か綿棒でふき取った気がする。それからしばらくはアブラムシにも襲われることなく過ごしていたけれど、先日ふとみると、またもやアブラムシの大群に襲われていた。

どうしたものだろうか・・・・。

以前読んだ本の中に、やはりアブラムシに襲われた植物に関する記述があったのを思い出した。「クラブアップル」のエッセンスを入れた水を与え続けたところ、アブラムシがいなくなった、という話だった。
物は試しとばかりに数日続けてクラブアップル入りのお水を与えてると、確かに減った・・・・、気がする。まだ数匹いるけど、びっしりじゃない。

そもそも本に書いてあったのは、 「アブラムシに襲われた植物がそれを不快に感じているように思われ、浄化のエッセンスであるクラブアップルを与えた」というような事だった。虫がついたから即クラブアップル、ではないのだ。

我が家のカランコエは何を求めているのだろう?

そんなことを改めて考えていると、「構ってもらいたがっている」ような気がした。そう言えば他の鉢植えと比べると、少し放っておき気味だった。(なにせ丈夫だから)

もう少し気にかけてみようかな?
それに、今度はチコリーのエッセンスも加えてみようかしら?

そんなことを思いつつ、しばらくはカランコエの声を訊く練習になりそうだ。
[PR]
by sweetflowers | 2005-05-26 02:07 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/681166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 暮らす服 声を訊く >>