響く言葉

言葉にして声に出した途端、急に自分の中で感情がリアルに響きだす。まるで春が来て雪が溶け出すように、何かが溶け出すようだと思う。

言葉には力がある、と思う。

別にたいしたことではない。

例えそう感じていたとしても、言葉にした途端、息を吹き返したかのように何かが揺れる。

さて、私は言葉を大切にしているだろうかと考えると、随分と雑だ。毎日無意識のうちに垂れ流している言葉の数々で私の日々が出来上がっているのだと思うと、ある意味納得、ある意味がっかり。

でも、時に言葉で何かが揺れ動かされる時。その響きをしみじみと味わう。

そのくらいの丁寧さは心がけておきたい、とも思う。
[PR]
by sweetflowers | 2008-03-04 22:19 | 日々のあれこれ
<< ラーチが教えてくれたこと エッセンスからのメッセージ >>