お母さんのアイシャドー

「キャラリリー」というフラワーエッセンスがあります。
これは、自分の性に関してなじめなかったり、あるいは女性なのに男性のように育てられた(またはその逆)方が、自分の性をしっかりと受け入れていくことをサポートしてくれるエッセンスです。半月ほど前から、思うところあってこのエッセンスを飲み始めました。

私には弟が一人いるのですが、そのおとなしい性質に「長男」としての物足りなさを両親は感じることがあったように思います。そして、なんとなく私自身もそう感じていて、自分の中で「長男」としての役割を肩代わりできるのではないか?そう感じたことがあったなぁ、とふと思い出したのが飲み始めたきっかけでした。

ところでやはり半月ほど前にある出来事を思い出しました。

私の母は普段彼女の言う「身だしなみ」程度の化粧をします。それは眉の薄さをカバーする為のアイブロウであったり、しみを隠す為のファンデーションだったり、色の悪さをカバーする為の口紅だったりします。でも、昔、家に帰ってきた母が「こんなのされちゃったのよ」と言いながら見せてくれたのが、まぶたに塗られたアイシャドーでした。
知り合いのお店で塗られたアイシャドーはほんのりとゴールドが入ったベージュのグラデーションで、子供ながら「きれいだな」と思って見つめていたことを思い出したのでした。口ではそう言いながらも、なんとなく浮き立つ母の心が伝わって来たのを覚えています。
それから「母」と「アイシャドー」に関する出来事がいくつか思い出されましたが、それは「アイシャドーなんかしちゃって」的な発言の数々で、あまり好ましく思っていないシチュエーションばかり、なのでした。

さて、お絵かきが大好きな子供だった私は、「アイシャドー」が好きな大人になりました。綺麗な色合わせをみると、子供の頃に感じたように心が浮き立ってくるのです。にもかかわらず、先日はっと気が付いたことがありました。
普段、私は男性の多い職場で働いていますが、本当に仕事が切羽詰った時にメイクをしている自分にふと後ろめたさを感じたのでした。「そんな時間があるなんて、大変だって言いながらまだ余裕があるんじゃないの?」そう思われることを恐れていたのでした。(だって、男性に比べたら、圧倒的に朝の身支度に時間が掛かっている訳ですから)

思えば母だって「装う」ことが嫌いなわけではなく、むしろ好きだったのだと思います。結婚前に大きな花柄のワンピースを着て笑っている母の写真がありました。「お母さんだって昔は結構おしゃれだったのよ」と自慢げに話す母。ただ結婚後の大変だった毎日の中で、それを自分に許すことが母にはできなかったのだろうと思います。そして母の感じたメッセージは確実に私にも伝わっていたことを改めて感じたのでした。

「装う」ことはとても贅沢な時間だと、以前から考えておりました。それゆえに自分にそれを許すことも大切だとも感じています。
女性として生きていくことのベースを母からたくさん受け継いできました。そしてそれは決して否定的なものばかりではないことも、たくさんの思い出が教えてくれます。自分の周りに浮き立つメッセージを読み取って、不要なメッセージをひとつひとつ、手放していけたらと改めて感じているこの頃です。
[PR]
by sweetflowers | 2005-06-01 09:38 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/772988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 受け止めること 暮らす服 >>