That's OK!!

ハワイのオアフ島でヒーリングサロンを主宰している朱実カウラオヒさんの本、
ハワイアン・マナ 71の教え 「マナあふれる人」に幸運は寄ってくる





の中に書いてあったお話ですが、日本の歯医者さんに通っていた頃、お子さんの発熱などで急にキャンセルせざる得ないような時に電話を入れると「困りますねぇ、本当に来られないんですか?」と不機嫌そうに言われ、大変恐縮したのだそうです。

一方その後住み始めたハワイでは、キャンセルの電話を入れると朗らかな声で「That's OK」(大丈夫よ)という返事が返ってくるそうで、そうすると安心して次の予約の相談ができるのだそうです。

言われてみると確かにそうで、一旦受け入れてもらえてからだとお互いに心の余裕をもって次の話ができるように感じます。

例えば友達との約束の時間に遅れそうなときに、連絡を入れた第一声が「ええ~?」なんてちょっと不機嫌そうな声だと本当に恐縮してしまいます。遅れているこちらが悪いとはいえ、「怒っているよね?」なんて考えながら約束の場所へ急ぐことになると、なんだか憂鬱になるし、楽しかったはずであろうそれからの時間も、なんだか楽しめなさそうな気持になってきます。焦るだろうし、相手のことが気になって気もそぞろとなってしまって、人にぶつかったり、もしかすると転んだりしてしまうかもしれません。

でも、「うん、大丈夫だよ。気をつけてきてね」と言われると、ほっとするし、落ち着いて行動できる分、思っていた以上にスムーズに辿り着けて、結果的にあまり待たせなくて済むことになるかもしれません。
それに待っている方も気持が落ち着いて、そこからさきの時間は楽しい時間を過ごしていけるような心の状態になるのではないでしょうか?

それから自分自身に対してこの言葉を使うのも、いいな、と思います。

何か失敗してしまった時やトラブルにあったときにも、まずは「That's OK」
そうして気持がニュートラルになったら、顔をあげて次の行動に向かっていきます。

だって、結局のところ何が良いことだったのかなんて、その場では分からないことの方が多いと思うんです。起きてしまった出来事はどうしようもないけれど、それをどんな気持ちで受け取ったかでそれから後の展開が変わっていくのではないのかなって思います。だったら先に「それはOKなことなんだ」と決めてしまった方がいい。

そうは言っても・・・・な時もありますが、そんな時でも「That's OK」
それさえもきっと「OK」なことなんだと思います。
[PR]
by sweetflowers | 2008-09-15 22:20 | 日々のあれこれ
<< 心を映し出すカラーボトル 箱根へ行ってきました >>