「ほっ」と。キャンペーン

9月のお茶会終了しました

9月のお茶会、無事終了いたしました。

今回はホワイトゴッデスとホワイトゴッデスに使われているフラワーエッセンスをご紹介しました。

ホワイトゴッデスは白いユリ科の花々で作られた、あらゆる年代の女性に使って頂けるフォーミュラです。例えば思春期を迎えた少女や、結婚、妊娠、閉経を迎える時など、女性である自分に揺らぎや不安を感じる時に、もう一度自身の女性性としっかりと結びつくことをサポートしてくれます。

今回、このホワイトゴッデスを飲んでみた方が「人生のような味がする」という表現されていました。その理由を聞いてみると「甘かったり苦かったり色んな味がしたから」とのことで、成程なぁ、と思いました。このフォーミュラには8種類の花が使われていますが、それぞれの性質が醸し出す味、なのかもしれません。

そしてこのお茶会を通して感じたのは、女性としてご自身の持つ良さというものを改めて大切にしていって頂きたいということでした。それは一見欠点のように見えるものかもしれませんが、別な見方をすれば際立っている点だということ。その部分を愛情をもって際立たせていけば、どこかの時点でそれは欠点ではなく、その方を輝かせる特徴になるのではないかしら。

などということを、感じたのでした。

さて、そんな女神候補と過ごすことができた、楽しいお茶の時間。

d0018315_0324597.jpg


写真は女神たちの為に選んだおやつ。テオブロマのチョコレートシュークリームと差し入れに頂いた桃林堂の子鯛焼。お腹もしっかり満たされました。
[PR]
by sweetflowers | 2008-09-28 00:37 | フラワーエッセンスでお茶会 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/8679032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み at 2008-10-06 00:40
タイトル : ステゴビル:かれんな白
ステゴビル:かれんな白--坂戸・金山神社 /埼玉 県内では絶滅の危機にあるユリ科の希少植物「ステゴビル」が、坂戸市新堀の金山神社境内で、白くかれんな花を咲かせている。あと数日間は楽しめそう。 約30センチの茎の先端で数本に分かれ、小さな花を付けている。関東から近畿地方の原野や畑に自生し、食用にならないことから「捨てても惜しくない小さな蒜(ひる)」が名前の由来という。 この場所と秩父市内に自生す... more
Commented by Johanna Paula at 2008-10-03 13:21 x
こんにちは~。
先日はありがとうございました^^
あの日の翌日、自分の体が噴火しました(笑)噴火というのは少しおかしいけれど、音もなく痛みもなくやってまいりました。
いつもなら虚無感のあるところなのですが、今回は何か暖かな物がのこっているような感じがします。
また次回のお茶会を楽しみにしています(^^)ノ
Commented by sweetflowers at 2008-10-04 11:17
Johanna Paulaさん、こんにちは。
こちらこそありがとうございました。

何が噴火したのか気になるところですが、ペレの魔法でしょうか(笑)

噴火は一見すべてを焼き尽くしていくように見えますが、新たな命も育むことも忘れずに、心豊かに過ごされていってくださいね。

またぜひご参加くださいませ。
<< 信州戸隠へ ~その1~ カーテンを洗おう >>