年の初めに

まだ私がセッションを始めた頃に受けて下さり、それ以降毎年必ず年始のメールを送って下さる方がいます。

今年もまた、メールを頂きました。

短いメールではありますが、頂く度に「お元気でいらっしゃるのだなぁ」とちょっと嬉しくなります。お仕事がとてもお忙しい方で、体が辛い時も多々あっただろうと思うと、短い便りを頂くだけでもちょっとほっとしたりします。

また少し前ですが、やはり駆け出しの頃にメールセッションを受けて下さった方から何年か振りにメールを頂き、こちらもとても嬉しく思いました。ブログを始められたとのことでちょっと覗いてみると、とても美しいページで、そういったページを他の方と分かち合えるだけの余裕ができたのだなぁと思うと、やはりほっとしたりしました。

そういう方々に支えられてここまで歩んで来れたのだと思うと、本当にありがたいなぁ、と思います。

セッションというのはその場限りのことではなく、その後に続くプロセスというのがあって、その流れの中で起こる気付きの繰り返しなのだと思います。なので、例えば5回セッションを受けて下さった方がいたとして、その5回の場だけがセッションの全てではなく、それ以降何度となくその方の人生の中で「あの時思ったのは実はこうだったのだ」と認識を深めていく、そんな風にその方の人生という布に織り込まれていく5回なのだと思っています。そう思うと、1回1回を大切にしていかなくては、と身が引き締まる思いでもあります。

その方の人生が光輝く布を織り上げていけるように、私自身もできうる限り美しい糸を提供していかなくては。

新しい年の初めに、そんなことを思ってみました。

今年1年、どうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
by sweetflowers | 2009-01-04 12:45 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/9153287
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 春の七草 人生を方向付ける繋がり >>