ゆっくりと取り組むこと

先日、夫婦関係のカウンセリングを主に行っていらっしゃる方とお話した時に、その方のカウンセリングでは大体3回くらいで改善が見られるとのことでした。ただ、中にはなかなか改善が見られないこともあって、何が違うのかと考えてみると「これは自分が何か変えなくてはいけないのではないか?」と自分側の問題だと引き受けることができているかどうかではないか?ということに気が付かれたそうです。

私もフラワーエッセンスのセッションを行う中でそれと同じことを感じることがありますので、そういった意味では何かを変えていこうとする時にはやはり「自分」というものが大切なのだろうなぁ、と思っています。

「変えたい」と思っていても心の奥深くに変化に対する恐れを持っていたり、本当には自分の責任だと受け止めて切れていない時には最初にその部分に対するアプローチが必要になってきます。なんだか遠回りでまどろっこしい感じがすることもあるでしょうが、「機が熟する時」というのはあるのだろうと思います。

フラワーエッセンスのセラピーでは回数を重ねていくことが多いですが、それは表面に現れてきている課題をクリアしつつ、螺旋階段を降りていくように、段階を経て本質へと向かっていくからなのです。

インスタントなものからはインスタントな結果しか得ることができない、と感じています。

じっくりとご自身と向き合っていくことは、自分に手間をかけていくことだと思いますし、そうしていく中で「自分と言うのは大切な存在なのだ」ということも心の奥深くから受け入れていくことができるようになるのではないかなぁ、と感じています。

いつも読んで下さってありがとうございます。
たくさんの方にフラワーエッセンスを知ってもらいたいと、ランキング参加中です。
ぽちぽちっとクリックしてくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ
[PR]
by sweetflowers | 2009-05-15 11:55 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sflowers.exblog.jp/tb/9729173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 黒米を頂きました 集中と拡大 >>